ナビゲーションをスキップ
> お勧め旅行情報> ソウル徒歩解説観光
韓屋村

プクチョン・ハノンマウル(北村韓屋村)コース

登録日 : 2019.09.01 / 更新日 : 2022.06.09
瓦を葺いた韓国伝統の韓屋の美しい姿が感じられる街

プクチョン・ハノンマウル(北村韓屋村)にあるプクチョン(北村)文化センターでは書道や茶道、漢文、パンソリなどの伝統文化講座をはじめ、天然染色や烏竹(紫竹)工芸、結び目工芸(組紐工芸)、韓国伝統のパッチワークなどの工芸実技講座などを開いています。ハノン(韓屋)についての理解を深めるために、ハノン講座や映画の上映、演奏会などの文化行事のようなプログラムを行っています。

コース案内

徒歩コース
ウンヒョングン(雲峴宮)
プクチョン(北村)文化センタ
石井戸ポルムムル(半月石井)の跡
チュンアン(中央)中学・高校
カフェ洞11番地 → トンミ薬局
カフェ洞31番地
チョンドク(正読)図書館
ペク・インジェ(白麟済)家屋
所要時間
2時間~3時間
集合場所
ウニョングン(雲峴宮)チケット売り場前
(文化観光解説ボランティアとともに歩く)
(ソウルウォーキングツアー)
(プクチョン・ハノンマウル(北村韓屋村))
こんにちは
私は本日皆さんにプクチョン・ハノンマウル(北村韓屋村)コースをご案内する
ソウル文化観光解説ボランティアのイ・ヘギョンです
本日のコースはウンヒョングン(雲峴宮)からスタートし
北側にあるプクチョン(北村)文化センターと
石井戸ポルムムル(半月石井)の跡を見学して
カフェドン(嘉会洞)教会と
ペク・インジェ(白麟済)家屋を巡って終える予定です
そして本日ウォーキングツアーにご応募くださって
私と一緒に北村韓屋村コースを観光する
香港からお越しのミヨンさんをご紹介いたします
「ようこそ、よろしくお願いします」
「こんにちは、よろしくお願いします」
こんにちは、香港から韓国に留学して
勉強しているミヨンと申します
「こんにちは」
「はい、よろしくお願いします」
北村韓屋村に来ることになって不思議な気分で
韓国の文化について知ることができると思うのでとても楽しみです
プクチョン(北村)はソウルの過去と現在をどちらも体験できる
ソウルの名所中の名所です
なので外国人の方々が韓国に来た時に
一番多く訪れるコースでもあります
北村韓屋村がどんな場所なのかとても気になります
気になりますよね?
さあ、それでは今から
北村韓屋村コースのスタート地点であるウンヒョングン(雲峴宮)から巡ってみましょう
さあ、行きましょう
(ウンヒョングン(雲峴宮))
ここは今回のコースのスタート地点になるウンヒョングン(雲峴宮)です
景福宮と昌徳宮はよく聞きますが
雲峴宮という名前は初めて聞きました
そうだと思います、ここは王が暮らしていた王の家である宮廷ではありません
王族である興宣大院君の私宅で
興宣大院君の幼い息子が王になって
雲峴宮という名前が付けられました
それでは、10年間摂政を務めながら
多くの権力を享受した興宣大院君の家である
最上流層の伝統韓屋家屋の美しさを見に行きましょう
ここは雲峴宮のサランチェ*である老安堂です
お客様のおもてなしをする客間
老安は【論語】の「老者安之」から取った言葉で
老年になって余生を安らかに過ごすという意味が込められています
この額縁の文字は朝鮮最高の書芸家である
秋史金正喜(チュサキム・ジョンヒ)が書いた文字を
(扁額:建物や門楼の中央上部に掛ける額縁)
一つ一つ集字して作った扁額だそうです
そしてここがまさに
興宣大院君が10年間摂政を務めながら
実質的な政治空間に使用した場所で
その当時に朝鮮の政治の中心舞台だったと考えていただければよろしいかと思います
それでは一緒に母屋である老安堂に行ってみましょう
ここは雲峴宮の母屋である老安堂です
雲峴宮の中では一番中心になる建物で
高宗が15歳になった時
(嘉礼:王の成婚や即位)
明成皇后を迎えて嘉礼を上げた場所でもあります
特に興宣大院君は人材を抜擢する度に
必ずこの中門を通して出させたとのことで
当時の人たちはこの老安堂の中門を
官職に上がる登竜門と呼んでいたそうです
さあ、それでは雲峴宮の最後の場所である二老堂に行ってみましょう
ここは雲峴宮のもう一つの母屋である二老堂です
老安堂で高宗と明成皇后の嘉礼式を挙げた後
老安堂は王室の別宮老安堂は王室の離宮のように使用され
これ以上母屋として使えなくなりました
なので1869年に府大夫人ミン氏のために
新しく建てられた母屋です
二老堂の二老は二人の老人を意味し
興宣大院君と府大夫人ミン氏を示す名前でもあります
そしてこの二老堂の構造は少し変わっていて
四角形の平面構造で建てられています
今までミヨンさんと雲峴宮を巡ってみました
今から本格的に韓屋村を巡る
プクチョン(北村)文化センターに移動します
(プクチョン(北村)文化センター)
ここは北村韓屋村の見学が
本格的に始まるプクチョン(北村)文化センターです
1921年に建てられた家屋で
現在は登録文化財229号に指定されていて
ソウル市が北村韓屋村装飾事業の一環として
この家屋を買い取って最大限に円形を保って復元しました
そして北村に訪れる観光客向けに開放しています
ここはどんな場所ですか?
ここは組紐や書芸のような伝統文化の講座と
韓屋を体験することができるプログラムを運営しています
そして韓屋村を宣伝する広報展示館と
住民たちのための住民サランチェとして活用されています
それでは次の場所に移動してみましょう
(石井戸ポルムムル(半月石井)の跡)
ケドンギル(桂洞通り)に沿って坂を上がると石井が一つあります
この石井がまさに石井戸ポルムムル(半月石井)です
石井戸半月石井は15日おきに水が綺麗になったり
濁ったりするため
石井戸半月石井という名前が付けられました
この名前には悲しい話が伝えられています
朝鮮時代に身分の差を超えて恋に落ちた男女がいたのですが
男が家族の反対により
この石井に身を投げて
15日後に女が男の後を追ったとのことです
するとすぐに石井の水が溢れ出して止まらなくなったそうです
この村の人たちが男女の魂を称える祭事を行った後になって
この水が溢れ出さなくなったそうです
「石井に悲しい話があったんですね」
「そうなんです」
ですがこの石井にはもう一つの話があります
韓国のカトリック教の歴史と関係のある話なのですが
韓国に初めて入国した外国人神父
中国人のチュ・ムンモ神父が
ここに水をすくってミサを奉献し洗礼を与えたとのことです
なので韓国カトリック教の歴史上、最初の聖水になったというわけです
石井にもこんなに多くの歴史が詰まっているなんて
先生と一緒にいる時間にたくさんのことを知ることができる気がします
はい、そうですよね
私たちは次の場所に移動します
(カフェドン(嘉会洞)教会)
(嘉会洞教会は実際のコースの他に別途お勧めする場所です)
ここはカフェドン(嘉会洞)教会です
韓国に初めて入国した外国人神父、チュ・ムンモ神父が
1795年に復活祭を迎えて
韓国カトリック教会で初めて
ミサを奉献して洗礼の盛事を行った場所です
1階の展示室には1801年の辛酉迫害の時に
ファン・サヨンが書いた【白書】と
1893年の己亥迫害を記録した
アンベール主教の【己亥日記】が展示されています
その他にも韓国カトリック教の大切な資料が多く展示されています
現在は2014年に古くなった嘉会洞教会の建物を壊して
新しく建てた建物になっています
西洋の建物と伝統韓屋の姿が合わさって
とても美しい調和をなしています
それでは次の場所に移動してみましょう
(北村路11キル、12キル)
嘉会洞教会からペク・インジェ(白麟済)家屋まで来る道は
北村路11キル、12キルに繋がっています
(北村韓屋村は住民たちが居住している地域です)
ここにも両方に韓屋がずらりと美しく建っているので
(訪問時は騒音に注意してください)
一度ここに訪れていただければきっと素敵な韓屋を観賞することができます
(ペク・インジェ(白麟済)家屋)
はい、私たちはコースの最終地点であるペク・インジェ(白麟済)家屋に来ました
白麟済家屋はどのような所ですか?
ここは2人の人物と深い関係があります
最初の人物はハン・サンリョンという人でイ・ワンヨンの甥で
その当時に一番大きい財力家としてこの家を建てる時も
新しい素材である鴨緑江*の黒松を使用して建てたそうです
*中国東北部と北朝鮮との国境となっている川
二人目の人物は白病院を設立したと知られているペク・インジェ教授です
韓国最高の専門外科医として知られています
夫人チェ・キョンジンさんが1944年にこの家を引き取って
現在までずっと保全されています
なので家屋の名前もペク・インジェ家屋と登録されています
さあ、それでは一度中に入ってみましょう
ところで、この家の様式が日本の家の形みたいです
そうなんです、ハン・サンリョンが建てたこの家は
西洋式と日本式の様式が合わさっているんです
なのでその当時では最高に豪華に建てられた家屋になります
本日、雲峴宮からスタートして白麟済家屋まで
100年の歴史が点在している
北村韓屋村を巡ってみましたが
ミヨンさんはいかがでしたか?
私が北村韓屋村に来て先生と一緒に
韓国の文化や歴史など
新しいことをたくさん学ぶことができてとても楽しかったです
私もとても楽しかったです
このようにミヨンさんのように外国人観光客が
この北村村にたくさん訪れてくださったら嬉しいです
ソウルウォーキングツアーでは
ここ北村韓屋村コース以外にも
多様なコースが準備されています
インターネットで検索していただけますと
(dobo.visitseoul.netでご確認いただけます)
色々なコースについての説明と
予約方法について案内されております
ソウルのあちらこちらに詰まっている楽しいお話をお聞かせするために
ソウル市文化観光解説ボランティア達がお持ちしておりますのでたくさんご利用ください
ありがとうございます
(文化観光解説ボランティアとともに歩く)
(ソウルウォーキングツアー)
(プクチョン・ハノンマウル(北村韓屋村))
コース利用 TIP
各博物館への入場の他、各館で運営される体験プログラムはウォーキングツアーコースに含まれていないため、観光終了後、各自でご訪問ください。

コース内の主な観光スポット

  • プクチョン(北村)ハノンチョン(韓屋庁)
    プクチョン(北村)ハノンチョン(韓屋庁)
    プクチョン・ハノンマウル(北村韓屋村)は、重要無形文化財第80号刺繍荘に指定されたハン・サンスの作品と彼が収集した刺繍遺物及び刺繍関連民俗品を展示しています。韓国の伝統刺繍の優秀さを広く知らせるために2005年9月にオープンし、展示室や視聴覚教育室、ミュージアムショップで構成されている。様々な教育を通じて刺繍工芸の伝統継承と発展に努めており、毎年2回以上の特別展や実演公演、体験学習、学術セミナー、海外交流展なども開いています。
    休館日:月曜日
    電話番号:+82-2-744-1545
  • プクチョン(北村)文化センター
    プクチョン(北村)文化センター
    プクチョン・ハノンマウル(北村韓屋村)にあるプクチョン(北村)文化センターでは書道や茶道、漢文、パンソリなどの伝統文化講座をはじめ、天然染色や烏竹(紫竹)工芸、結び目工芸(組紐工芸)、韓国伝統のパッチワークなどの工芸実技講座などを開いています。ハノン(韓屋)についての理解を深めるために、ハノン講座や映画の上映、演奏会などの文化行事のようなプログラムを行っています。
    電話番号 : +82-2-2133-1371
    ホームページ : bukchon.seoul.go.kr/exp/center1_1.jsp (韓国語)
  • ペク・インジェ(白麟済)家屋
    ペク・インジェ(白麟済)家屋
    プクチョン(北村)カフェドン(嘉会洞)に位置するペク・インジェ(白麟済)家屋は、近代ハノク(韓国の伝統家屋)の様式を当時のまま残している代表的な日本統治時代のハノク(韓屋)です。プクチョン(北村)を一望できる高台の上にサランチェ(朝鮮王朝時代に男性が使用する建物:舎廊)を中心として、広々としたアンチェ(朝鮮王朝時代に女性が使用する建物)や広い庭園が位置しており、最も高い場所にはこじんまりとしたビョルダンチェ(離れ)があります。伝統的なハノクの美しさを保ちながらも近代的な時代の変化を受け入れ、建築規模や歴史的価値面においてプクチョン(北村)を代表する建築物であり、ソウル市の民俗文化財です。
    電話番号 : +82-2-724-0232
タグ

#韓屋 #北村韓屋村 #北村

예약 전 안내사항
  • 예약은 관광일 기준 최소 3일 전까지 가능합니다.
  • 개인예약: 최대 10명
    ※ 경복궁/창경궁/창덕궁: 최대 20명
  • 기존 등록된 예약 중 그룹별 정원을 초과하지 않는 예약에 한하여, 1일 전 17시까지 추가 예약 가능합니다.
  • 코스별 정원을 초과하지 않는 경우, 다른 예약자와 함께 관광하게 될 수 있습니다.
  • 서울도보해설관광 프로그램은 예약접수와 동시에 해설사가 배정되므로 신중하게 예약해주시기 바랍니다.
  • 다음달 예약은 전달 15일 이후부터 가능합니다.
  • 해설 프로그램 참여 시 코로나19 감염 예방을 위해 반드시 마스크를 착용하여 주시기 바랍니다.
  • 발열 또는 호흡기 증상(열, 기침, 가래, 근육통, 코막힘, 인후통 등)이 있는 경우, 프로그램 참여를 삼가주시기 바랍니다.
  • 보호자가 동반하지 않는 만 14세 미만의 아동 관광객의 경우, 현장에서 취소됩니다.
  • 미세먼지 비상저감조치 발령 및 기타 기상악화(폭염, 태풍, 폭우 등)로 인해 도보관광 운영이 어려운 경우, 모든 예약은 일괄 취소됩니다. (관광일 전날 기준)
  • 해설 진행 시 발생하는 안전사고에 대해서 서울도보해설관광 사무국과 서울문화관광해설사는 책임을 지지 않습니다.
  • 한국어를 모국어로 사용하는 대한민국 국민의 경우, 외국어 해설 신청이 불가능합니다.
  • 예약 후 불가피하게 참석이 어려운 경우, 관광시간 기준 최소 4시간 전에 예약을 취소하여 주시기 바랍니다. 관광시간이 4시간 미만으로 남은 상태에서 예약을 취소하는 일이 2회 이상 발생할 경우, 향후 예약이 제한될 수 있습니다.
  • 개인예약은 1인부터 가능하나, 최소 출발 인원은 3인입니다. 관광일 2일 전까지 누적 예약인원이 3인 미만일 경우, 해당 예약은 자동 취소됩니다. 출발 확정 또는 예약취소의 경우, 문자로 안내해드리겠습니다.
예약 전 안내사항
  • 예약은 관광일 기준 최대 6개월 전부터 최소 5일 전까지 신청 가능합니다.
  • 단체예약 : 11명 이상
    ※ 경복궁/창경궁/창덕궁: 21명 이상
  • 희망하시는 날짜 및 코스에 활동 가능한 해설사가 없는 경우, 예약은 취소될 수 있습니다.
  • 특히 주말 및 공휴일, 봄(4~5월)/가을(9~11월) 성수기에는 예약이 조기마감될 수 있으니 유의하여 주시기 바랍니다.
  • 예약확인을 위해 도보해설관광 사무국(02-6925-0777)에서 확인 연락이 진행됩니다. 관광일 기준 최소 5일 전~1달 전 3회 이상 전화통화가 이뤄지지 않을 시, 예약이 취소될 수 있습니다.
  • 경복궁/창덕궁/창경궁/덕수궁 35인 이상 관람 시, 해당 궁궐 사이트에서 15일 전 단체 입장신청이 필요합니다.
  • 해설 진행 시 발생하는 안전사고에 대해서 서울도보해설관광 사무국과 서울문화관광해설사는 책임을 지지 않습니다.
  • 보호자가 동반하지 않는 만 14세 미만의 아동 관광객의 경우 현장에서 취소됩니다.
  • 미세먼지 비상저감조치 발령 및 기타 기상악화(폭염, 태풍, 폭우 등)로 인해 도보관광 운영이 어려운 경우, 모든 예약은 일괄 취소됩니다. (관광일 전날 기준)
  • 서울도보해설관광은 문화관광해설사의 자원봉사활동으로 운영되는 프로그램으로, 영리 목적의 신청을 엄격히 제한하고 있습니다.
예약 전 안내사항
  • 예약은 관광일 기준 최소 1주일 전까지 가능합니다.
  • 덕수궁의 경우 복지카드를 지참한 관광객에 한하여 무료입장이 가능합니다.
    ※ 중증(1~3급) 동반인 포함 2명 무료※ 경증(4~6급) 장애인 본인 1인만 무료
  • 보호자 또는 보조자가 동반하지 않을 경우 이용이 불가능 합니다.※ 별도의 보조자가 없는 경우 사무국으로 문의 바랍니다. (02-6925-0777)
  • 희망하시는 날짜 및 코스에 활동가능한 해설사가 없는 경우 예약은 취소될 수 있습니다.
  • 예약확인을 위해 도보관광 사무국(02-6925-0777)에서 확인 연락이 진행됩니다.(최소 5일~한달 전)3회 이상 전화통화가 이뤄지지 않을 시 예약이 취소될 수 있습니다.
  • 해설 진행 시 발생하는 안전사고에 대해서 도보관광 사무국과 서울문화관광해설사는 책임을 지지 않습니다.
  • 미세먼지 비상저감조치 발령 및 기타 기상악화(폭염, 태풍, 폭우 등)로 인해 도보관광 운영이 어려운 경우 모든 예약은 일괄 취소됩니다. (관광일 전날 기준)
예약 전 안내사항
  • 예약은 관광일 기준 최소 1주일 전까지 가능합니다.
  • 덕수궁의 경우 복지카드를 지참한 관광객에 한하여 무료입장이 가능합니다.
    ※ 중증(1~3급) 동반인 포함 2명 무료
    ※ 경증(4~6급) 장애인 본인 1인만 무료
  • 본 프로그램은 수화해설 중심으로 진행되며, 수화가 불가능한 경우 이용이 불가합니다.
  • 희망하시는 날짜 및 코스에 활동가능한 해설사가 없는 경우 예약은 취소될 수 있습니다.
  • 예약확인을 위해 도보관광 사무국(02-6925-0777)에서 확인 연락이 진행됩니다.
    (최소 5일~한달 전)3회 이상 전화통화가 이뤄지지 않을 시 예약이 취소될 수 있습니다.
  • 해설 진행 시 발생하는 안전사고에 대해서 도보관광 사무국과 서울문화관광해설사는 책임을 지지 않습니다.
  • 미세먼지 비상저감조치 발령 및 기타 기상악화(폭염, 태풍, 폭우 등)로 인해 도보관광 운영이 어려운 경우 모든 예약은 일괄 취소됩니다. (관광일 전날 기준)
예약 전 안내사항
  • 예약은 관광일 기준 최소 1주일 전까지 가능합니다.
  • 본 코스는 보행약자(거동이 불편한 고령자, 장애인, 유모차 이용자 등)를 위한 코스입니다.
  • 보호자를 동반하지 않을 시 이용이 불가능 합니다.※ 보행약자 1명당 보호자 최소 1인 이상 동반
    ※ 전동보장구(전동휠체어, 전동스쿠터 등) 사용자의 경우 보호자 1인당 보행약자 최대 4인까지 동반 가능
    희망하시는 날짜 및 코스에 활동가능한 해설사가 없는 경우 예약은 취소될 수 있습니다.
  • 예약확인을 위해 도보관광 사무국(02-6925-0777)에서 확인 연락이 진행됩니다.(최소 5일~한달 전)3회 이상 전화통화가 이뤄지지 않을 시 예약이 취소될 수 있습니다.
  • 해설 진행 시 발생하는 안전사고에 대해서 도보관광 사무국과 서울문화관광해설사는 책임을 지지 않습니다.
  • 미세먼지 비상저감조치 발령 및 기타 기상악화(폭염, 태풍, 폭우 등)로 인해 도보관광 운영이 어려운 경우 모든 예약은 일괄 취소됩니다. (관광일 전날 기준)
Read before Reservation
  • Reservations must be made at least 3 days prior to the tour date.
  • Individual: Up to 10 people
    ※ Gyeongbokgung/Changgyeonggung/Changdeokgung: 20 people (maximum)
  • Additional reservations are permitted for pre-existing reservations that do not exceed the limited number of the group by 5pm, one day prior to the tour date.
  • Other tourists may join your tour as long as it does not exceed the maximum number of the group.
  • Please be sure to select the date and time carefully as a tour guide is assigned immediately upon making a reservation.
  • Reservations for the following month are available from the 15th of the current month.
  • Masks are required for participation in all tour programs.
  • Please refrain from participating in any tour programs should you be experiencing any symptoms, including fever, coughing, congestion, muscle pain, stuffy nose, and/or sore throat.
  • Reservations for tourists under 14 years without an accompanying adult or guardian shall be canceled on site.
  • [As of one day prior to the tour date] All reservations shall be canceled in the event of emergency particulate matter reduction measures taken and/or inclement weather conditions (ex. excessive heat waves, typhoons, heavy rain, and more) that may impede Seoul Guided Walking Tour operations.
  • The Seoul Guided Walking Tour administration office and tour guide affiliates are not responsible for any accidents that happen to occur during the tour program.
  • If you are unable to go on a tour, please cancel the reservation at least 4 hours before the tour starts. If you cancel your reservation more than twice with less than 4 hours left, future reservations may be restricted.
Read before Reservation
  • Reservation shall be made at least 1 week before the tour day.
  • The course is for tourists with mobility problems (Senior, people with disability, stroller user).
  • You may not use the course without an assistant (or companion)
    ※ At least one assistant shall accompany a tourist with mobility problem
    ※ In case of electric assisting device users (electric wheelchair, electric scooter users), one assistant may accompany up to 4 tourists with mobility problem
  • Reservation may be canceled when a guide is unavailable on the desired date and course.
  • Seoul Guided Walking Tour Office (02-6925-0777) will contact you to confirm reservation.
    (At least 5 days~1 month before tour day) Reservation may be canceled when Seoul Guided Walking Tour Office cannot reach you for more than 3 times.
  • Seoul Guided Walking Tour Office and Seoul culture and tourism guide are not liable for the safety accidents during the Seoul Guided Walking Tour.
  • All reservations are canceled when Seoul Guided Walking Tour is unavailable due to Particulate Matter Reduction Measure or other weather conditions (heat wave, typhoon, heavy rain). (As of the date before the tour day)
予約前の案内事項
  • ソウル徒歩解説観光のご予約は観光予定日を基準に3日前までとさせて頂きます。
  • 個人予約:最大10名
    ※京福級、昌徳宮、昌慶宮は20名様までご予約頂けます。
  • 既にご予約頂いたコースの中でグループごとに定員を超えない場合に限り、観光予定日の1日前の17まで人数を追加することが出来ます。
  • コースごとに定員を超えない場合、他のチームと共に観光する可能性もあります。
  • ソウル徒歩解説観光はご予約いただき次第、解説士が自動に割り当てられるシステムですので、くれぐれも慎重にご予約を行ってください。
  • 翌月のご予約は前月の15日から可能です。
  • コロナ予防のため解説プログラム参加の際は、必ずマスク着用をお願いいたします。
  • 発熱または呼吸症状(熱、咳、痰、筋肉痛、鼻づまり、喉の痛みなど)がある場合は、解説プログラムへのご参加はお控えください。
  • 保護者を同伴しない満14歳未満の観光客は、現場でキャンセルとなります。
  • PM2.5非常低滅措置の発令およびその他の気象状況の悪化(猛暑、台風、豪雨など)により徒歩観光の運営が難しい場合は、すべての予約が一括キャンセルされます。(観光予定日の前日基準)
  • 観光中に発生する安全事故について、ソウル徒歩解説観光事務局とソウル文化観光解説士は責任を負いません。
  • 日本語解説のお申込みは日本人のみとさせて頂きます。
  • ご予約の後、当日ご参加が出来なくなった際、観光予定時間を基準に少なくとも4時間前まではお取り消しください。4時間未満の状況での予約の取り消しが2回以上発生した場合、今後予約が制限しかねません。
予約前の案内事項
  • 予約は観光日を基準として少なくとも1週間前まで可能です。
  • 本コースは、移動弱者(移動が不自由な高齢者、障害者、ベビーカー利用者など)のためのコースです。
  • 補助人(或いは同行人)を伴わない場合は利用できません。
      ※歩行弱者1人当たり少なくとも1人以上の補助人を伴う
      ※電動補助具(電動車椅子、電動スクーターなど)使用者の場合、補助人1当たり歩行弱者最大4人まで同伴可能
  • ご希望の日付及びコースに活動可能な解説士がいない場合、予約はキャンセルされることがあります。
  • 予約を確認するため、徒歩観光事務局(02-6925-0777)で確認のための連絡が行われます。
    (少なくとも5日~1ヶ月前)3回以上電話が通じない場合、予約が取り消されることがあります。
  • 解説を進行する時に発生する安全事故に対し、徒歩観光事務局とソウル文化観光解説士は
    責任を負いません。
  • PM 2.5(ピーエムにてんご)の非常低減措置発令及びその他の気象悪化(猛暑、台風、暴雨など)によって
      徒歩観光の運営が困難な場合、すべての予約は一括キャンセルされます。
     (観光日前日基準)
预约前说明事项
  • 至少在观光当日前三天预约,方可预约成功。
  • 个人预约:最多10名
    *景福宫、昌庆宫、昌德宫:最多20名
  • 在已登记的预约团体中,直接待不超过预约人数的团体,可在前一天17时前追加预约。
  • 如果不超过每条路线的限定人数,可能会与其他预约者一同观光。
  • 首尔徒步解说观光项目会在接受预约的同时分配解说员,请慎重预约。
  • 如需预约下个月的观光解说,可在前一个月的15号以后预约。
  • 为了预防新冠肺炎的扩散,参加徒步观光解说活动时必须佩戴口罩。
  • 如有发热或呼吸道症状(发烧、咳嗽、痰液、肌肉痛、鼻塞、咽喉痛等),请避免参加解说活动。
  • 未满14岁的儿童游客,如无监护人随行,则会在现场取消解说活动。
  • 由于雾霾应急减排措施启动,或其他天气恶化(炎热、台风、暴雨等)导致徒步观光活动难以进行时,所有预约将一次性取消。(以观光当日前一天为基准)
  • 对于解说活动中发生的安全事故, 首尔徒步解说旅游事务局和首尔文化观光解说公司不与负责。
  • 以韩语为母语的韩国国民,不可申请外语解说。
  • 若预约后不可避免地无法参加观光活动,请以观光时间为准至少4小时前取消预约。如果在观光时间前不足4小时的情况下取消预约两次以上的话,以后的预约可能会收到限制。
预约前说明事项
  • 观光日基准最少1日前方可进行预约。
  • 本线路是为了行动不便者(行动不便的高龄者、残疾人、婴儿车利用者等)的路线。
  • 无辅助人员(或同行人)伴随时,不可利用。
    ※ 步行不便者1名至少需要1名以上的辅助人员陪同。
    ※ 电动辅助器具(电动轮椅、电动独轮车等)使用者时,每一位辅助人员最多可陪同 4名步行不便者。
  • 希望观光的日期及线路上无解说员时,预约有可能被取消。
  • 为了确认预约,徒步观光事务局(02-6925-0777)会致电进行确认。
    (最少5日~一个月前) 3次以上无法连接时,预约将被取消。
  • 进行解说时,对于有可能发生的安全事故,徒步观光事务局和首尔文化观光解说员概不负责。
  • 因发布微尘紧急低减措施及其他气象恶化(暴热、台风、暴雨等),无法运营 徒步观光时,所有预约会批量取消。
    (观光前日基准)
預約前說明事項
  • 至少在觀光當日前三天預約, 方可預約成功。
  • 個人預約: 最多10名
    ※ 景福宮、昌慶宮、昌德宮: 最多20名
  • 在已登記的預約團體中, 直接待不超過預約人數的團體, 可在前一天17時前追加預約。
  • 如果不超過每條路線的限定人數, 可能會與其他預約者一同觀光。
  • 서首爾徒步解說觀光項目會在接受預約的同時分配解說員, 請慎重預約。
  • 如需預約下個月的觀光解說, 可在前一個月的15號以後預約。
  • 爲了預防新冠肺炎的擴散, 參加徒步觀光解說活動時必須佩戴口罩。
  • 如有發熱或呼吸道症狀(發燒、咳嗽、痰液、肌肉痛、鼻塞、咽喉痛等)請避免參加解說活動。
  • 未滿14歲的兒童遊客, 如無監護人隨行, 則會在現場取消解說活動。
  • 由於霧霾應急減排措施啓動. 或其他天氣惡化(炎熱、颱風、暴雨等)導致徒步觀光活動難以進行時, 所有預約將一次性取消。 (以觀光當日前一天爲基準)
  • 對於解說活動中發生的安全事故, 首爾徒步解說旅遊事務局和首爾文化觀光解說公司不與負責。
  • 以韓語爲母語的韓國國民,不可申請外語解說。
  • 若預約後不可避免地無法參加觀光活動, 請以觀光時間爲準至少4小時前取消預約。如果在觀光時間前不足4小時的情況下取消預約兩次以上的話, 以後的預約可能會收到限制。
預約前說明事項
  • 觀光日基準最少1日前方可進行預約。
  • 本線路是為了行動不便者(行動不便的高齡者、殘疾人、嬰兒車利用者等)的路線。
  • 無輔助人員(或同行人)伴隨時,不可利用。
    ※ 步行不便者1名至少需要1名以上的輔助人員陪同。
    ※ 電動輔助器具(電動輪椅、電動獨輪車等)使用者時,每壹位輔助人員最多可陪同 4名步行不便者。
  • 希望觀光的日期及線路上無解說員時,預約有可能被取消。
  • 為了確認預約,徒步觀光事務局(02-6925-0777)會致電進行確認。
    (最少5日~壹個月前) 3次以上無法連接時,預約將被取消。
  • 進行解說時,對於有可能發生的安全事故,徒步觀光事務局和首爾文化觀光 解說員概不負責。
  • 因發布微塵緊急低減措施及其他氣象惡化(暴熱、臺風、暴雨等),無法運營 徒步觀光時,所有預約會批量取消。 (觀光前日基準)