ナビゲーションをスキップ
> お勧め旅行情報> ソウル徒歩解説観光
建築&芸術

西村の古くからの路地散策

登録日 : 2019.03.01 / 更新日 : 2022.10.07
芸術家たちの跡を探して歩き回る西村町の散歩

朝鮮時代の画家、謙斎・鄭ゼンと秋史・金正喜のような偉大なる芸術家たちが住んでいた町・西村には尹東柱、李箱、盧天命のような文人たちと、李仲燮、朴魯寿、李象範のような画家たちが暮らしました。西村の古い路地を歩くことは、朝鮮時代から日帝強占期を経て現代に至るまで積み上げられた時間を探し求める旅であると同時に、この地に住んでいた数多くの芸術家の痕跡を探しに出る旅です。

コース案内

徒歩コース
キョンボックン駅
トンイドン(通義洞)白松址
サンチョンジェ(上村斎)
ユン・ドクヨン(尹徳栄)家跡 (ビョクス(碧樹)山荘)
玉仁洞尹氏家屋
スソン(水声)洞渓谷
ユン・ドンジュ(尹東柱)下宿の家跡
パク・ノス(朴魯壽)美術館
イ・サンボム(李象範)家屋
ノ・チョンミョン(盧天命)家跡
イ・サン(李箱)の家
クムチョンギョ(禁川橋)市場
所要時間
3時間
集合場所
3号線・景福宮駅の3番出口
(文化観光解説ボランティアとともに歩く)
(ソウルウォーキングツアー)
(西村 韓屋村)
こんにちは
西村ウォーキングツアーを申請してくださりありがとうございます
私は西村で解説をしている
ソウル文化観光解説ボランティア、アン・ギョンシルです
こんにちは
今日私と一緒に西村を一緒に楽しみます、エスラさんです
こんにちは
私はトルコから10ヶ月前に韓国に留学に来ましたエスラです
お会いできて嬉しいです
エスラさん、私もお会いできて嬉しいです
今私たちがこの西村は
景福宮と仁王山の間にある村で
大通りに沿って歩いて
路地の内側に一歩入っていただきますと
昔の情趣を味わいながら歩ける名所なのですが
西村についてはご存知ですか?
私は普段周りの友達から
北村韓屋村の話はたくさん聞いたことがありますが
西村は正直よくわかりません
さあ、ではこの「西村」という名称対してまず説明したいと思います
西村は景福宮の西側にある村という意味で
このように大通りに沿って歩いて一本
路地の内側に入っていただきますと
朝鮮時代から現代に至るまで
芸術と文学、歴史が感じられる
場所が多い名所です
それでは今日の最初のコースとして白松址に向かってみましょうか
(白松址)
先生、ですがここの木が全部切られてますね
はい、切られてる姿がとても残念ですよね
元々このように樹齢300年も超えていた通義洞の白松は
残念ながら1990年7月の
夏の台風によって倒れてしまいました
というわけでこのように枯死してしまいました
残念ですよね
それでその悲しみにより倒れた木から種をもらいました
そのもらった種を4箇所に植えましたが
今植えた4本の中から3本が生き残って
今もよく育っています
この根元だけ見てもとても大きい木だったんだろうなって想像がつきますよね?
「はい、そうです」
「それでこの木がどれくらい大きかったのか」
高さ16m、周り5mの木だったらしいです
しかし今は残念ながら根元しか残ってなくて
その白松の痕跡を我々に見せてくれてます
それからさっき私がこの路地には
朝鮮時代と現代の歴史を感じることができると言いましたよね
この白松址の一帯
西村は朝鮮時代王族たちが住んでいましたが
挑戦21代の国王英祖が
王に即位する前まで住んでいた彰義宮があった場所です
彰義宮は1907年まではここにありましたが
1908年に廃宮され
2年後である1910年に
(*日本が朝鮮の土地と資源を奪うため作った機構)
*東洋拓殖株式会社の職員の社宅が
この場所に建てられることになりました
ですが光復の後その社宅が取り壊され
今はこういう姿に変わりました
エスラさん、この白松の跡から離れて
「上村斎」というところに行ってみましょうか
(上村斎)
世宗村の飲食文化通りの近くにある
市場であるトンイン市場を通ってずっと歩いて行きますと
私たちが立っている上村斎が出てきます
先生、上村斎とはどういう意味ですか?
「上村」とは仁王山の東に位置する村という意味で
つまり「上の町」という意味で
西村の昔の地名の名称です
私たちがいる上村斎は警察庁が所有する昔の韓屋の廃家を
1年間復元して
2017年6月に伝統韓屋と
韓国の伝統文化を体験できる
様々なプログラムが運営される
文化空間として再誕生しました
ここでたくさんのプログラムが運営されておりますので
エスラさんも一度ここで
韓国の伝統文化を体験していただけたらと思います
西村にこういう風に韓国の伝統文化を体験できる場所があるなんて
楽しそうです
さあ、では違う場所に移動してみましょうか
(ユン・ドクヨン家跡)
ここは碧樹山荘(ユン・ドクヨン家跡)です
碧樹山荘はある人物ととても深い関係があります
エスラさんひょっとして「ユン・ドクヨン」という人物に関して聞いたことはありますか
よくわかりません、どういう人物ですか
ユン・ドクヨンは大韓帝国の純宗皇帝の妃
純貞孝皇后ユン氏の伯父で
当時、日韓強制併合を成功させた代価として
(*貴族の位階を示す称号)
日本の*子爵の爵位と恩賜金をもらいます
売国を代価にもらった恩賜金で
玉仁洞一帯の広い敷地を買い入れて
この場所にフランス式邸宅である碧樹山荘を建てます
ここがその当時のフランス式の建物だったということですよね?
はい
でも柱が2本しか残ってないのは信じられないですね
はい、そうです
碧樹山莊の建物の鉄製や装飾品、タイルなどは
フランス・ドイツなどの高い建材を買い入れて建てたそうです
しかしユン・ドクヨンはその碧樹山荘で住むことができず
中国系の宗教決死会、紅卍字會の法堂として使われたそうです
あ、そうなんですね
今はその碧樹山荘の華麗な姿を見ることができなくて少し残念ですね
はい、そうですね
ユン・ドクヨンの邸宅は後に病院、将校の宿舎として活用され
1973年撤去され路地に残った柱だけが
その当時の痕跡を見せています
ではまた他の場所に移動してみましょうか
(玉仁洞尹氏家屋)
ここは水声洞渓谷に行く前に寄った尹氏家屋です
尹氏家屋は前言いました
親日派のユン・ドクヨンが建てた韓屋です
さっきお話ししてくださったあの人とも関連する場所ですか
はい、玉仁洞47-133番地に
1910年頃建てられた韓屋で
当時ユン・ドクヨンの妾宅と呼ばれていた場所です
1998年南山韓屋村が造成され
玉仁洞尹氏家屋移しておこうとしましたが
この建物の骨組みの毀損がひどくて
移すことができずこの場所に残ることになります
現在の南山韓屋村に
玉仁洞尹氏家屋をそのまま移したように新築し
再現した尹氏家屋があります
尹氏家屋の内部は安房と舍廊房が
「口」の字の構造で配置され
(*木造建築の様式で窓側と直交させ)
建物の前方の柱頭には*翼工様式で
(包の方向に合わせて鳥の羽のように尖った形をしている栱包)
当時の一般民家では珍しい
とても最上流層の韓屋の姿を見せています
というわけで今尹氏家屋は
南山韓屋村にそのまま再現しておりますので
そこに行ってぜひ確認していただきたいと思います
では次の場所に移動してみましょうか
(水声洞渓谷)
先生、ここの景気が本当に素晴らしいですね
こうやって水の流れる音を聞くととても平和な感じがします
ソウルにこうやって渓谷があったことも知らなかったんですが不思議ですね
はい、渓谷らしくここは夏に多くの市民たちが集まる名所です
「渓谷に関する話もお聞かせしましょうか?」
「はい」
水声洞は仁王山から流れてくる
水の音が有名で名付けられました
仁王山の水声洞渓谷は朝鮮時代孝寧大君と
安平大君の昔の家跡がある場所です
水声洞渓谷の「洞」は当時谷、渓谷という意味で使われました
(*朝鮮時代漢城の歴史を簡略に記した紙)
200年前のソウルの様子を描いた*【漢京識略】に
「仁王山の麓にあるので
谷間が奥深く
小川と岩石が特別で
夏に遊びながら鑑賞するのに一番適している」と書かれてあるくらい
ここは景観がとても優れている場所です
エスラさん、この案内板の絵はなんだがお分かりですか?
何が描かれているのでしょう
ただこの周りを描いた絵のようですが、合ってますか?
はい、そうです
この絵は朝鮮後期の英祖時代
(*朝鮮後期に活動していた文人画家として)
1751年*謙斎鄭敾が仁王山の南の麓で
(眞景山水画が大々的に流行するきっかけを作った先駆的な人物)
北岳山の渓谷の裾を描いた
(*景色が良くて指定された場所)
壯洞一帯の*景勝地8箇所を
描いた絵の
「水声洞」という絵です
謙斎鄭敾は韓国に実在する景観を描写した
眞景山水画画風を作り上げた代表的な朝鮮後期の画家です
では次の場所に移動してみましょうか
(イ・サンボム家屋)
先生、ここは本当に人が住んでいるようですが
韓屋の特徴をよく表している場所だと思います
「そうです、綺麗ですよね?」
「はい」
はい、ここは靑田イ・サンボム画伯が
1929年から1972年にこの世を去るまで
43年間住んでいた場所です
イ・サンボム画伯は謙斎鄭敾から受け継がれていた
韓国伝統の眞景山水画の画風を時代に合わせて消化し
墨を使った墨法で
「靑田様式」という独自的な画風で
韓国の自然を描いた作家です
西村は本当に芸術の村ですね
こうやってあちこちに隠されている名所を
先生の解説とともに
西村の魅力をもっと感じることができると思います
はい、そうですね
イ・サンボム家屋を始めとして
作家イ・サンの家、パク・ノス美術館とともに
韓国の近代芸術を楽しめる場所がまさにこの西村です
後で中に入っていただきますと靑田イ・サンボム画伯の
靑田様式で描かれた
絵を見ることができます
一度回って鑑賞できればと思いますね
ではまた他の場所に移動してみましょうか
(イ・サンの家)
先生、ここすごく綺麗ですね
どういう場所ですか?
ここをご覧いただきますと「イ・サン」という文人が住んでいた場所です
詩人であり小説家であるイ・サンは
1910年、ここ社稷洞で生まれて
残念ながら27歳に夭折してしまいます
そして私たちが立っているここは
彼が3歳の時に
(*養子縁組により婚姻中の出生者と同じ身分を取得した者)
伯父の家に*養子に入りながら
23歳まで20年間住んでいた場所です
ちょっと綺麗ですよね?
天井をご覧いただきますとこの天井は
(*木造建築物の骨格が完成されてから)
韓国の伝統家屋*垂木に
(桁と桁の間に)
この空間は現代式のギャラリーとして
(桁と直角になるようにかけておく建築材)
リノベーションしました
生涯の大半をここで過ごした
天才と狂人という暁とともに
彼の情熱溢れる芸術魂を体感したいという人々に
いつも開いている文化空間として活用されております
エスラさんと西村の路地を解説していたら
いつの間にか終える時間になりましたね
今日の解説はいかがでしたか
本当にすごくよかったです
私は正直西村に関してよく知りませんでした
今日はこのように先生とともに回って
もっと楽しく感じました
私もエスラさんとともに回ることができて楽しかったです
今日訪問してくださったこの西村コースは
予めどこに行くかを決めておかなくても
心の向くまま
あちこち歩きながら魅力を探してみるのも
この村だけの魅力だと言えます
また私のような解説士を通して
路地の歴史や文化、伝統を
一緒に話し合いながら理解できるということも
この西村だけの魅力だと言えます
はい、そうだと思います
私も西村がすこく綺麗だと思いますし
今日行けなかった場所も
また今度ぜひ行ってみたいですね
そうですね
ソウル市は私が今日エスラさんに解説しました
西村ウォーキングツアー以外にも
様々なコースが運営されております
(dobo.visitseoul.netから)
インターネットでソウルウォーキングツアーを検索していただきますと
(確認できます)
詳しいコースに関する説明と予約方法が案内されております
またソウル各地の歴史に関する話をお聞かせするために
ソウル市文化観光解説ボランティアたちがお待ちしておりますので
たくさんのご利用お願いします
ここまで西村韓屋村の解説をしました
ソウル文化観光解説ボランティアのアン・ギョンシルでした
ありがとうございました
(文化観光解説ボランティアとともに歩く)
(ソウルウォーキングツアー)
(西村 韓屋村)
コース利用 TIP
徒歩観光のコースに含まれていない体験プログラムは、徒歩観光が終わった後に個別に体験してください。

コース内の主な観光スポット

  • トンイドン(通義洞)シロマツの跡
    通義洞シロマツの跡
    通義洞白松の高さは16m、5mで、韓国で最も大きくて美しかった白松で記録されています。1962年天然記念物に登録されましたが1997年7月に集中豪雨で倒れてしまい、現在は根本だけが残っています。
  • サンチョンジェ(上村斎)
    上村斎
    2017年6月に鍾路(チョンノ)区で開館した伝統韓屋文化空間です。2013年に長期間放置されていた警察庁所有の韓屋廃家を鍾路区から買い入れ、1年にわたって復元しました。19世紀末、伝統方式で作られた上村斎は母屋、サランチェ、門屋、離れ屋などで構成されており、旧の衆人の住宅を想定して建てました。
  • ユン・ドクヨン(尹徳栄)の家の跡(碧水山荘)
    尹徳栄の家の跡(碧水山荘)
    親日派の尹徳栄が日本から受け取った恩賜金で玉仁洞面積の半分以上を買い入れて建てた碧水山荘があったところ。地下1階、地上3階の碧水山荘は当時「漢陽の阿房宮」と呼ばれるほど膨大な規模でした。1954年からUNCURK(国連韓国統一復興委員会)庁舎で使われ、1973年に道路整備事業によって撤去されました。現在、正門の柱4本のうち、一部が路地に残っていて当時の痕跡を感じることが出来ます。
  • オギンドン(玉仁洞)ユン(尹)氏の屋
    玉仁洞尹氏の屋

    1919年に建てられた家屋で、因みに南山韓屋村にこの家と同じようにコピーしたものがあります。コ字型の母屋にサランチェの役割を果たす板の間と門の間が加えられ、全体的にロ字型になっています。母屋の前方の柱の頭は、当時一般民家では稀な翼功式を採用するなど、最上流層の住宅の姿を見せています。

  • スソン洞渓谷
    スソン洞渓谷
    朝鮮時代、渓谷の水音が騒々しいという訳でスソン洞と呼ばれ、更に景色が優れるため多くの詩人墨客が愛していた場所でした。謙斎・鄭ゼンは、「壮洞八景帖」にて石橋の麒麟橋のあるスソン洞を描写したりしました。2011年、ここにあった玉仁示範アパートを撤去し、スソン洞渓谷を復元しました。
  • ユン・ドンジュ(尹東柱)の下宿の跡
    尹東柱の下宿の跡
    鍾路区樓上洞9番地は1941年5月から9月まで約5ヶ月間、尹東柱詩人が延び喜専門学校に通いながら下宿していた小説家キムソンの家のあった場所です。今は当時の家屋はなくなり3階建ての住宅がありますが、彼はここで「十字架」、「太初の朝」、「眠れない夜」など10編の詩を書いたと伝わっています。
  • パク・ノス(朴魯壽)美術館
    朴魯寿美術館
    元々尹徳栄が娘と婿のために碧水山荘の南側に建てた家です。1930年代、近代建築家の朴吉龍が設計した2階建ての煉瓦の家で、韓国式と洋式の建築技法に日本式と中国式が混ざっている独特な形で、1972年から朴魯寿画伯が所有することになりました。2011年、家と共に美術作品と寿石などの計994点を鍾路区に寄贈しました。鐘路区は、寄贈作品に基づいてソウル市文化財資料第1号であるこの家を区立朴魯寿美術館として2013年9月に開館しました。
  • イ・サンボム(李象範)家屋
    李象範家屋
    この家は、青田・李象範(1897~1972)画伯が1929年から1972年に亡くなるまで、43年を居住したところです。「ㄱ」字型の母屋と「-」字型の行廊で構成された典型的な都市型韓屋です。隣にくっついている青田画塾は、1938年に新築されて作品活動と弟子育成に努めたところです。2005年、登録文化財第171号に指定されました。
  • イ・サン(李箱)の家
    李箱の家
    この家は、2009年に文化遺産国民信託が買い入れ文化空間に開放したところです。《翼》という作品で有名な作家である李箱が伯父の養子に入り23歳まで20年間住んでいた家があった場所です。
タグ

#尹東柱の下宿の跡 #通義洞のシロマツの跡 #上村斎 #盧天命の家跡 #玉仁洞尹氏家屋 #尹徳栄の家の跡 #スソン洞渓谷 #李箱の家 #李象範家屋 #禁川橋市場 #朴魯寿美術館

예약 전 안내사항
  • 예약은 관광일 기준 최소 3일 전까지 가능합니다.
  • 개인예약: 최대 10명
    ※ 경복궁/창경궁/창덕궁: 최대 20명
  • 기존 등록된 예약 중 그룹별 정원을 초과하지 않는 예약에 한하여, 1일 전 17시까지 추가 예약 가능합니다.
  • 코스별 정원을 초과하지 않는 경우, 다른 예약자와 함께 관광하게 될 수 있습니다.
  • 서울도보해설관광 프로그램은 예약접수와 동시에 해설사가 배정되므로 신중하게 예약해주시기 바랍니다.
  • 다음달 예약은 전달 15일 이후부터 가능합니다.
  • 해설 프로그램 참여 시 코로나19 감염 예방을 위해 반드시 마스크를 착용하여 주시기 바랍니다.
  • 발열 또는 호흡기 증상(열, 기침, 가래, 근육통, 코막힘, 인후통 등)이 있는 경우, 프로그램 참여를 삼가주시기 바랍니다.
  • 보호자가 동반하지 않는 만 14세 미만의 아동 관광객의 경우, 현장에서 취소됩니다.
  • 미세먼지 비상저감조치 발령 및 기타 기상악화(폭염, 태풍, 폭우 등)로 인해 도보관광 운영이 어려운 경우, 모든 예약은 일괄 취소됩니다. (관광일 전날 기준)
  • 해설 진행 시 발생하는 안전사고에 대해서 서울도보해설관광 사무국과 서울문화관광해설사는 책임을 지지 않습니다.
  • 한국어를 모국어로 사용하는 대한민국 국민의 경우, 외국어 해설 신청이 불가능합니다.
  • 예약 후 불가피하게 참석이 어려운 경우, 관광시간 기준 최소 4시간 전에 예약을 취소하여 주시기 바랍니다. 관광시간이 4시간 미만으로 남은 상태에서 예약을 취소하는 일이 2회 이상 발생할 경우, 향후 예약이 제한될 수 있습니다.
  • 개인예약은 1인부터 가능하나, 최소 출발 인원은 3인입니다. 관광일 2일 전까지 누적 예약인원이 3인 미만일 경우, 해당 예약은 자동 취소됩니다. 출발 확정 또는 예약취소의 경우, 문자로 안내해드리겠습니다.
예약 전 안내사항
  • 예약은 관광일 기준 최대 6개월 전부터 최소 5일 전까지 신청 가능합니다.
  • 단체예약 : 11명 이상
    ※ 경복궁/창경궁/창덕궁: 21명 이상
  • 희망하시는 날짜 및 코스에 활동 가능한 해설사가 없는 경우, 예약은 취소될 수 있습니다.
  • 특히 주말 및 공휴일, 봄(4~5월)/가을(9~11월) 성수기에는 예약이 조기마감될 수 있으니 유의하여 주시기 바랍니다.
  • 예약확인을 위해 도보해설관광 사무국(02-6925-0777)에서 확인 연락이 진행됩니다. 관광일 기준 최소 5일 전~1달 전 3회 이상 전화통화가 이뤄지지 않을 시, 예약이 취소될 수 있습니다.
  • 경복궁/창덕궁/창경궁/덕수궁 35인 이상 관람 시, 해당 궁궐 사이트에서 15일 전 단체 입장신청이 필요합니다.
  • 해설 진행 시 발생하는 안전사고에 대해서 서울도보해설관광 사무국과 서울문화관광해설사는 책임을 지지 않습니다.
  • 보호자가 동반하지 않는 만 14세 미만의 아동 관광객의 경우 현장에서 취소됩니다.
  • 미세먼지 비상저감조치 발령 및 기타 기상악화(폭염, 태풍, 폭우 등)로 인해 도보관광 운영이 어려운 경우, 모든 예약은 일괄 취소됩니다. (관광일 전날 기준)
  • 서울도보해설관광은 문화관광해설사의 자원봉사활동으로 운영되는 프로그램으로, 영리 목적의 신청을 엄격히 제한하고 있습니다.
예약 전 안내사항
  • 예약은 관광일 기준 최소 1주일 전까지 가능합니다.
  • 덕수궁의 경우 복지카드를 지참한 관광객에 한하여 무료입장이 가능합니다.
    ※ 중증(1~3급) 동반인 포함 2명 무료※ 경증(4~6급) 장애인 본인 1인만 무료
  • 보호자 또는 보조자가 동반하지 않을 경우 이용이 불가능 합니다.※ 별도의 보조자가 없는 경우 사무국으로 문의 바랍니다. (02-6925-0777)
  • 희망하시는 날짜 및 코스에 활동가능한 해설사가 없는 경우 예약은 취소될 수 있습니다.
  • 예약확인을 위해 도보관광 사무국(02-6925-0777)에서 확인 연락이 진행됩니다.(최소 5일~한달 전)3회 이상 전화통화가 이뤄지지 않을 시 예약이 취소될 수 있습니다.
  • 해설 진행 시 발생하는 안전사고에 대해서 도보관광 사무국과 서울문화관광해설사는 책임을 지지 않습니다.
  • 미세먼지 비상저감조치 발령 및 기타 기상악화(폭염, 태풍, 폭우 등)로 인해 도보관광 운영이 어려운 경우 모든 예약은 일괄 취소됩니다. (관광일 전날 기준)
예약 전 안내사항
  • 예약은 관광일 기준 최소 1주일 전까지 가능합니다.
  • 덕수궁의 경우 복지카드를 지참한 관광객에 한하여 무료입장이 가능합니다.
    ※ 중증(1~3급) 동반인 포함 2명 무료
    ※ 경증(4~6급) 장애인 본인 1인만 무료
  • 본 프로그램은 수화해설 중심으로 진행되며, 수화가 불가능한 경우 이용이 불가합니다.
  • 희망하시는 날짜 및 코스에 활동가능한 해설사가 없는 경우 예약은 취소될 수 있습니다.
  • 예약확인을 위해 도보관광 사무국(02-6925-0777)에서 확인 연락이 진행됩니다.
    (최소 5일~한달 전)3회 이상 전화통화가 이뤄지지 않을 시 예약이 취소될 수 있습니다.
  • 해설 진행 시 발생하는 안전사고에 대해서 도보관광 사무국과 서울문화관광해설사는 책임을 지지 않습니다.
  • 미세먼지 비상저감조치 발령 및 기타 기상악화(폭염, 태풍, 폭우 등)로 인해 도보관광 운영이 어려운 경우 모든 예약은 일괄 취소됩니다. (관광일 전날 기준)
예약 전 안내사항
  • 예약은 관광일 기준 최소 1주일 전까지 가능합니다.
  • 본 코스는 보행약자(거동이 불편한 고령자, 장애인, 유모차 이용자 등)를 위한 코스입니다.
  • 보호자를 동반하지 않을 시 이용이 불가능 합니다.※ 보행약자 1명당 보호자 최소 1인 이상 동반
    ※ 전동보장구(전동휠체어, 전동스쿠터 등) 사용자의 경우 보호자 1인당 보행약자 최대 4인까지 동반 가능
    희망하시는 날짜 및 코스에 활동가능한 해설사가 없는 경우 예약은 취소될 수 있습니다.
  • 예약확인을 위해 도보관광 사무국(02-6925-0777)에서 확인 연락이 진행됩니다.(최소 5일~한달 전)3회 이상 전화통화가 이뤄지지 않을 시 예약이 취소될 수 있습니다.
  • 해설 진행 시 발생하는 안전사고에 대해서 도보관광 사무국과 서울문화관광해설사는 책임을 지지 않습니다.
  • 미세먼지 비상저감조치 발령 및 기타 기상악화(폭염, 태풍, 폭우 등)로 인해 도보관광 운영이 어려운 경우 모든 예약은 일괄 취소됩니다. (관광일 전날 기준)
Read before Reservation
  • Reservations must be made at least 3 days prior to the tour date.
  • Individual: Up to 10 people
    ※ Gyeongbokgung/Changgyeonggung/Changdeokgung: 20 people (maximum)
  • Additional reservations are permitted for pre-existing reservations that do not exceed the limited number of the group by 5pm, one day prior to the tour date.
  • Other tourists may join your tour as long as it does not exceed the maximum number of the group.
  • Please be sure to select the date and time carefully as a tour guide is assigned immediately upon making a reservation.
  • Reservations for the following month are available from the 15th of the current month.
  • Masks are required for participation in all tour programs.
  • Please refrain from participating in any tour programs should you be experiencing any symptoms, including fever, coughing, congestion, muscle pain, stuffy nose, and/or sore throat.
  • Reservations for tourists under 14 years without an accompanying adult or guardian shall be canceled on site.
  • [As of one day prior to the tour date] All reservations shall be canceled in the event of emergency particulate matter reduction measures taken and/or inclement weather conditions (ex. excessive heat waves, typhoons, heavy rain, and more) that may impede Seoul Guided Walking Tour operations.
  • The Seoul Guided Walking Tour administration office and tour guide affiliates are not responsible for any accidents that happen to occur during the tour program.
  • If you are unable to go on a tour, please cancel the reservation at least 4 hours before the tour starts. If you cancel your reservation more than twice with less than 4 hours left, future reservations may be restricted.
Read before Reservation
  • Reservation shall be made at least 1 week before the tour day.
  • The course is for tourists with mobility problems (Senior, people with disability, stroller user).
  • You may not use the course without an assistant (or companion)
    ※ At least one assistant shall accompany a tourist with mobility problem
    ※ In case of electric assisting device users (electric wheelchair, electric scooter users), one assistant may accompany up to 4 tourists with mobility problem
  • Reservation may be canceled when a guide is unavailable on the desired date and course.
  • Seoul Guided Walking Tour Office (02-6925-0777) will contact you to confirm reservation.
    (At least 5 days~1 month before tour day) Reservation may be canceled when Seoul Guided Walking Tour Office cannot reach you for more than 3 times.
  • Seoul Guided Walking Tour Office and Seoul culture and tourism guide are not liable for the safety accidents during the Seoul Guided Walking Tour.
  • All reservations are canceled when Seoul Guided Walking Tour is unavailable due to Particulate Matter Reduction Measure or other weather conditions (heat wave, typhoon, heavy rain). (As of the date before the tour day)
予約前の案内事項
  • ソウル徒歩解説観光のご予約は観光予定日を基準に3日前までとさせて頂きます。
  • 個人予約:最大10名
    ※京福級、昌徳宮、昌慶宮は20名様までご予約頂けます。
  • 既にご予約頂いたコースの中でグループごとに定員を超えない場合に限り、観光予定日の1日前の17まで人数を追加することが出来ます。
  • コースごとに定員を超えない場合、他のチームと共に観光する可能性もあります。
  • ソウル徒歩解説観光はご予約いただき次第、解説士が自動に割り当てられるシステムですので、くれぐれも慎重にご予約を行ってください。
  • 翌月のご予約は前月の15日から可能です。
  • コロナ予防のため解説プログラム参加の際は、必ずマスク着用をお願いいたします。
  • 発熱または呼吸症状(熱、咳、痰、筋肉痛、鼻づまり、喉の痛みなど)がある場合は、解説プログラムへのご参加はお控えください。
  • 保護者を同伴しない満14歳未満の観光客は、現場でキャンセルとなります。
  • PM2.5非常低滅措置の発令およびその他の気象状況の悪化(猛暑、台風、豪雨など)により徒歩観光の運営が難しい場合は、すべての予約が一括キャンセルされます。(観光予定日の前日基準)
  • 観光中に発生する安全事故について、ソウル徒歩解説観光事務局とソウル文化観光解説士は責任を負いません。
  • 日本語解説のお申込みは日本人のみとさせて頂きます。
  • ご予約の後、当日ご参加が出来なくなった際、観光予定時間を基準に少なくとも4時間前まではお取り消しください。4時間未満の状況での予約の取り消しが2回以上発生した場合、今後予約が制限しかねません。
予約前の案内事項
  • 予約は観光日を基準として少なくとも1週間前まで可能です。
  • 本コースは、移動弱者(移動が不自由な高齢者、障害者、ベビーカー利用者など)のためのコースです。
  • 補助人(或いは同行人)を伴わない場合は利用できません。
      ※歩行弱者1人当たり少なくとも1人以上の補助人を伴う
      ※電動補助具(電動車椅子、電動スクーターなど)使用者の場合、補助人1当たり歩行弱者最大4人まで同伴可能
  • ご希望の日付及びコースに活動可能な解説士がいない場合、予約はキャンセルされることがあります。
  • 予約を確認するため、徒歩観光事務局(02-6925-0777)で確認のための連絡が行われます。
    (少なくとも5日~1ヶ月前)3回以上電話が通じない場合、予約が取り消されることがあります。
  • 解説を進行する時に発生する安全事故に対し、徒歩観光事務局とソウル文化観光解説士は
    責任を負いません。
  • PM 2.5(ピーエムにてんご)の非常低減措置発令及びその他の気象悪化(猛暑、台風、暴雨など)によって
      徒歩観光の運営が困難な場合、すべての予約は一括キャンセルされます。
     (観光日前日基準)
预约前说明事项
  • 至少在观光当日前三天预约,方可预约成功。
  • 个人预约:最多10名
    *景福宫、昌庆宫、昌德宫:最多20名
  • 在已登记的预约团体中,直接待不超过预约人数的团体,可在前一天17时前追加预约。
  • 如果不超过每条路线的限定人数,可能会与其他预约者一同观光。
  • 首尔徒步解说观光项目会在接受预约的同时分配解说员,请慎重预约。
  • 如需预约下个月的观光解说,可在前一个月的15号以后预约。
  • 为了预防新冠肺炎的扩散,参加徒步观光解说活动时必须佩戴口罩。
  • 如有发热或呼吸道症状(发烧、咳嗽、痰液、肌肉痛、鼻塞、咽喉痛等),请避免参加解说活动。
  • 未满14岁的儿童游客,如无监护人随行,则会在现场取消解说活动。
  • 由于雾霾应急减排措施启动,或其他天气恶化(炎热、台风、暴雨等)导致徒步观光活动难以进行时,所有预约将一次性取消。(以观光当日前一天为基准)
  • 对于解说活动中发生的安全事故, 首尔徒步解说旅游事务局和首尔文化观光解说公司不与负责。
  • 以韩语为母语的韩国国民,不可申请外语解说。
  • 若预约后不可避免地无法参加观光活动,请以观光时间为准至少4小时前取消预约。如果在观光时间前不足4小时的情况下取消预约两次以上的话,以后的预约可能会收到限制。
预约前说明事项
  • 观光日基准最少1日前方可进行预约。
  • 本线路是为了行动不便者(行动不便的高龄者、残疾人、婴儿车利用者等)的路线。
  • 无辅助人员(或同行人)伴随时,不可利用。
    ※ 步行不便者1名至少需要1名以上的辅助人员陪同。
    ※ 电动辅助器具(电动轮椅、电动独轮车等)使用者时,每一位辅助人员最多可陪同 4名步行不便者。
  • 希望观光的日期及线路上无解说员时,预约有可能被取消。
  • 为了确认预约,徒步观光事务局(02-6925-0777)会致电进行确认。
    (最少5日~一个月前) 3次以上无法连接时,预约将被取消。
  • 进行解说时,对于有可能发生的安全事故,徒步观光事务局和首尔文化观光解说员概不负责。
  • 因发布微尘紧急低减措施及其他气象恶化(暴热、台风、暴雨等),无法运营 徒步观光时,所有预约会批量取消。
    (观光前日基准)
預約前說明事項
  • 至少在觀光當日前三天預約, 方可預約成功。
  • 個人預約: 最多10名
    ※ 景福宮、昌慶宮、昌德宮: 最多20名
  • 在已登記的預約團體中, 直接待不超過預約人數的團體, 可在前一天17時前追加預約。
  • 如果不超過每條路線的限定人數, 可能會與其他預約者一同觀光。
  • 서首爾徒步解說觀光項目會在接受預約的同時分配解說員, 請慎重預約。
  • 如需預約下個月的觀光解說, 可在前一個月的15號以後預約。
  • 爲了預防新冠肺炎的擴散, 參加徒步觀光解說活動時必須佩戴口罩。
  • 如有發熱或呼吸道症狀(發燒、咳嗽、痰液、肌肉痛、鼻塞、咽喉痛等)請避免參加解說活動。
  • 未滿14歲的兒童遊客, 如無監護人隨行, 則會在現場取消解說活動。
  • 由於霧霾應急減排措施啓動. 或其他天氣惡化(炎熱、颱風、暴雨等)導致徒步觀光活動難以進行時, 所有預約將一次性取消。 (以觀光當日前一天爲基準)
  • 對於解說活動中發生的安全事故, 首爾徒步解說旅遊事務局和首爾文化觀光解說公司不與負責。
  • 以韓語爲母語的韓國國民,不可申請外語解說。
  • 若預約後不可避免地無法參加觀光活動, 請以觀光時間爲準至少4小時前取消預約。如果在觀光時間前不足4小時的情況下取消預約兩次以上的話, 以後的預約可能會收到限制。
預約前說明事項
  • 觀光日基準最少1日前方可進行預約。
  • 本線路是為了行動不便者(行動不便的高齡者、殘疾人、嬰兒車利用者等)的路線。
  • 無輔助人員(或同行人)伴隨時,不可利用。
    ※ 步行不便者1名至少需要1名以上的輔助人員陪同。
    ※ 電動輔助器具(電動輪椅、電動獨輪車等)使用者時,每壹位輔助人員最多可陪同 4名步行不便者。
  • 希望觀光的日期及線路上無解說員時,預約有可能被取消。
  • 為了確認預約,徒步觀光事務局(02-6925-0777)會致電進行確認。
    (最少5日~壹個月前) 3次以上無法連接時,預約將被取消。
  • 進行解說時,對於有可能發生的安全事故,徒步觀光事務局和首爾文化觀光 解說員概不負責。
  • 因發布微塵緊急低減措施及其他氣象惡化(暴熱、臺風、暴雨等),無法運營 徒步觀光時,所有預約會批量取消。 (觀光前日基準)