ソウルウォーキングツアー

(景福宮無障害コース) 歴史の中の王と大統領に会う

予約&割引 ソウルウォーキングツアー

コース紹介
車椅子やベビーカー利用者など、身動きが不自由でも誰もがゆったりと楽しめる無障害観光コース。
勤政殿(無障害)景福宮(キョンボックン)コースは、高齢者、車椅子、ベビーカー利用者など、身動きが不自由な観光客も便利に利用できるように、障害物(傾斜路、段差)がない動線のみで構成されたコースです。文化観光解説者の話を聞きながら、朝鮮最大の宮殿である景福宮で韓国の歴代大統領の記録に会える青瓦台サランチェまでゆったりとした散歩を楽しむことができます。
予約する
※ 観光希望日を基準として、少なくとも1週間前にメールまたは電話にて申込。
- 事務局メール:walkingtours@sto.or.kr

コース案内
徒歩コースのご案内
国立中央博物館の南門 - 靑瓷亭 - 博物館オソルギル(小道) - 石塔庭園 - ミル滝(ミルポッポ) - ヨンサン(龍山)家族公園 - 普信閣の鐘 - 石仏 - 朝鮮石物庭園 - 僧塔庭園 - 国立中央博物館の中庭

所要時間 : 2時間 ~ 2時間30分

集合場所 : 景福宮チケット売り場「デジタル案内器機貸出所」前
※ 入場料及び文化体験料、交通費等は、個人負担です。
※ 正門の興礼門の入口でベビーカー、車椅子のレンタルが可能です。(数量限定のため利用者が多い時は、利用することが難しい場合があります。)
コース内の主な観光スポット
勤政殿
勤政殿「世の中の事柄は勤しむとうまくできる」という意味を込めている景福宮の最高の殿閣である正殿で、宮殿の中で最も荘厳な中心建物として王権の象徴です。王の即位式や文武百官の朝会、外国からの使臣の接見など、国家的な行事を行った所だ。国宝第223号に指定されています。
慶会楼
慶会楼王が臣下と大きな宴を開いたり、外国の使臣を接待していた公式宴会場です。池で船遊びを楽しんで、慶会楼に上がって、仁王山と宮殿の荘厳な景観を鑑賞できます。周易の原理に基づいて作られたと伝わっており、2階中央の3間は天地人、12間は十二ヶ月を、外側の24本の柱は24節気を意味する。国宝第224号に指定されています。
香遠亭
香遠亭香遠池の「香遠」は、「香りが遠くまで届く」という意味で、王や王族が休憩を取っていた空間です。景福宮後苑の美しい風景の中に抱かれている象徴的な代表建物で、六角形に構成され、繊細で美麗に比例感に優れた亭子とされ、宝物第1761号に指定されました。(2020年6月保守工事完了予定)
神武門(青瓦台前の道)
神武門(青瓦台前の道)景福宮の北門で、「北を司る玄武」から「神武門」と呼ぶようになりました。天井には玄武が描かれています。神武門を出ると、現在の青瓦台(本館)を一目で見渡すことができます。
青瓦台サランチェ
青瓦台サランチェ韓国の歴代大統領の足跡が理解できる展示館です。1階では韓国観光に関する展示、そして2階では青瓦台を見回ることができる空間として韓国の総合広報館です。