ソウルウォーキングツアー

南山城郭コース

予約&割引 ソウルウォーキングツアー

コース紹介
古いものと新しいものが調和し共存する「ナムサン(南山)城郭」
都心で体験できる歴史と現代文化の出会い
スピョギョ(水標橋)・ポンスデ(烽火台:のろし台)など、朝鮮時代の歴史遺跡や国立劇場、ナムサン(南山)ソウルタワーなどの現代文化施設から、伝統家屋と庭園、伝統文化を体験できるナムサン・ハノクマウル(南山韓屋村)まで。ナムサン(南山)東側の麓から頂上までつながるソウルハニャン(漢陽)都城の道は 歴史と文化を同時に楽しむことができるコースです。
コース案内
徒歩コース
チャンチュンダン(奨忠壇)公園(水標橋) – ソウルハニャン(漢陽)都城 – 国立劇場 – (循環バス利用) – ポンスデ(烽火台)・ナムサン(南山)ソウルタワー – (循環バス利用) – アン・ジュングン(安重根)記念館


所要時間:2時間~3時間

集合場所:地下鉄3号線「トンデイプク」駅6番出口前
アクセス案内:地下鉄3号線「トンデイプク」駅6番出口前
※ イファジャン(梨花荘)は改修工事のため休館して おります。
コース内の主な観光スポット
チャンチュンダン(奨忠壇)公園(スピョギョ(水標橋))
乙未事変(ミョンソン(明成)皇后殺害事件)・壬午軍乱(朝鮮事変)で亡くなった人々のための祭壇「チャンチュンダン(奨忠壇)碑」、 美しい欄干石ででき水の抵抗をあまり受けないように設計された朝鮮王朝時代の建築技術に触れられる「スピョギョ(水標橋)」を見ることができます。
ソウルハニャン(漢陽)都城
古風な趣が保存されているソウルハニャン(漢陽)都城道。美しい石畳の道を散策するように歩きながら秘境を鑑賞でき、テジョ(太祖)、セジョン(世宗)、スクチョン(粛宗)など時代別に築城技術を見比べることができます。
国立劇場
1950年に建てられたアジア最初の国立劇場。韓国を代表する公演会場で、伝統文化芸術の発祥の地として韓国伝統を基本に芸術性の高い作品を発表しています。
電話番号:+82-2-2280-4115~6
ウェブサイト:http://www.ntok.go.kr
ポンスデ(烽火台)、ナムサン(南山)ソウルタワー
朝鮮王朝時代、全国の烽火(のろし)が伝達される中央烽火所であったナムサン(南山)烽火台を見ることができます。複合文化施設のナムサン(南山)ソウルタワーは展望台とフードコートで有名。
観覧時間:毎日10:00~23:00
電話番号:+82-2-3455-9288
ウェブサイト:http://www.nseoultower.com
アン・ジュンクン(安重根)記念館
アン・ジュングン(安重根)を称えるために建てられた記念館。2010年にリニューアルオープンされました。安重根が投獄されてから1910年3月26日まで獄中で使った遺墨や自叙伝など数十点の遺品、アン・ジュングン(安重根)の肖像画と関連写真、建国功労勲章と書簡、公判当時の新聞報道内容、著名人の揮毫などが展示されています。
休館日:月曜日、1月1日、旧正月・秋夕(旧盆)
観覧時間:10:00~18:00(冬季17:00まで)
電話番号:+82-2-3789-1016
ウェブサイト:http://www.patriot.or.kr
徒歩観光コースのルートマップ

印刷する