ソウルウォーキングツアー

(ソウル巡礼路) ハンガン(漢江)巡礼路

予約&割引 ソウルウォーキングツアー

コース紹介
巡礼の最後、静寂と思索で心を満たす道
ソソムン(西小門)巡礼路喧騒に包まれたマポグルメ通りを過ぎ、静かな漢江のほとりを散策しながら思索にふける。その最後に出会うチョルドゥサン(切頭山)殉教聖地やヤンファジン(揚花津)外国人宣教師霊園の中の殉教者たちの足跡を見ながら自分自身を顧みよう。
コース案内
徒歩コースのご案内
マポグルメ通り - ハンガン(漢江)巡礼道特化区間 - チョルドゥサン(切頭山)殉教聖地 - ヤンファジン(揚花津)外国人宣教師霊園

所要時間 : 約2時間30分

集合場所 : マポ駅1番出口 (5号線)
※ 徒歩観光コースに含まれない体験プログラムは、観光を終えた後、個別的にご体験ください。
コース内の主な観光スポット
マポグルメ通り
マポグルメ通りマポ駅から出て5分ほど歩くと、飲食店が立ち並ぶマポグルメ通りに出る。昔から粗い天日塩を肉にかけて食べたことから由来し、マポの代表的な料理となったマポカルビやポッサム、カルククスなど、様々なメニューを抱えているグルメ街だ。
ンガン(漢江)巡礼道特化区間
ンガン(漢江)巡礼道特化区間2018年に新しく造成されたハンガン巡礼道特化区間として、土の道、石の道、花の道の順に構成されている。苦難を乗り越えついに開花させる巡礼の意味が込められたこの道を歩きながら、自身の人生を顧みる時間を持ってみよう。
チョルドゥサン(切頭山)殉教聖地
チョルドゥサン(切頭山)殉教聖地最もひどい迫害と言われた丙寅迫害(1866~1873) の間、数多くのカトリック信者が処刑された韓国カトリック教会の代表的な殉教史跡地である。当時多くのカトリック信者が首を切られて亡くなったということで、「チョルドゥサン(切頭山)」という地名を持っている。
ヤンファジン(楊花津)外国人宣教師霊園
ヤンファジン(楊花津)外国人宣教師霊園「ヤンファジン」というのは、漢江を中心に朝鮮王朝で交通や国防の要所となる地域だ。外国人墓地としてのヤンファジンは、韓国初の西洋式病院であるクァンへウォン(広恵院)の2代目院長である「ヘロン」の遺体を安置することからその歴史が始まった。