おすすめ旅行コース

寒波の中でソウルお出かけ

ソウルを楽しむ おすすめ旅行コース

本棚

寒波の中でソウルお出かけ

    肌を突き刺すような寒気が当たり前のようなソウルの2月。冬の間はやはり外へ出ることが制限されてしまいます。旧正月という韓国の祝日を控え、家族、恋人、友達と連休を過ごしたいと思うもの。ソウルで天候に左右されずに1日を過ごせる場所を紹介します。

icon_flower_base
春をいち早く満喫したいなら

ラトゥリエ(L’atelier)

ラトゥリエ

    1年、365日、雪が降り、同時に花の香りがかすかに漂う場所があります。

    ラトゥリエ(L’atelier) は芸術作品と先端IT、創造的な展示コンテンツと異色的な空間設計などのすべての要素で体験者とコミュニケーションをする、新しいコンセプトのアートラクティブ(Art+Interactive)テーマパークです。誰もが知っているフィンセント・ファン・ゴッホ、クロード・モネ、モーリス・ユトリロ、エドゥアール・レオン・コルテスなど印象派の代表的な作家たちの作品に入り込み、共感しながら、ともに楽しむ魔法のような美術体験空間です。

    5つの空間と3つのアトラクションで構成され、内部のあちこちにある作品の中の人物が体験者に声をかけます。雪の降る演出でフランスのモンマルトルを再現したり、花が一面に咲く庭園で実際に花の香りがする空間も。ややもすれば、難解な19世紀のフランスの名画を、ラトゥリエ(L’atelier)では鮮やかな体験を通して身近なものに感じることができます。

    辺りを見渡すと、自然と絵画の中に溶け込んだ体験者が集まり写真を撮っていたりもします。19世紀のフランスをそもまま持ってきたような空間で、名画の主人公になってみてはいかがでしょうか。

テーマパーク

住所  ソウル市チュン(中)区チャンチュンダンロ13ギル20 現代シティータワー11階
アクセス  地下鉄1号線トンデムン駅
利用料金  大人₩24,000、青少年₩20,000、子供₩16,000
利用時間  10:00~21:00 (入場は19:00まで)

icon_radio
輝く日常の瞬間が広がる場所

JUST KPOP

just_kpop

    いつの間にかソウルのランドマークとして位置づけられたチャムシル(蚕室)ロッテワールドモール。ショッピング、グルメ、展望台まで韓国人はもちろん、外国人にまで人気のこのスポットに新たな観光名所が誕生しました。

    特に韓国の文化、K-POP好きな人であれば、ここは訪れてほしい。毎日ユニークなパーティが開催されている JUST KPOP では音楽、パフォーマンス、グルメを一度に楽しむことができる韓国初のエンターテインメントレストランです。韓国を越え、世界を魅了してきたK-POPとK-HipHop、B-Boyダンス、フュージョン韓国国楽、パーカッションパフォーマンスなどジャンルを飛び越えた韓国の文化コンテンツを多彩に演出します。

    エンターテインメントレストランと言えども、レストラン本来の料理を忘れているわけではありません。毎日厳選した食材で作る料理の中で、韓国の味に溶け込んだフュージョン料理も提供されているので、韓国料理が初めての人にも気軽に味わうことができます。ソクチョン(石村)湖の景色を見ながら余裕を楽しむブランチ&デリ(ランチタイム)と音楽、公演、グルメを共に楽しめるレストラン(ディナータイム)に区分されているので、時間にとらわれずに楽しめます。

文化コンテンツ

住所  ソウル市ソンパ(松坡)区オリンピックロ300 チャムシル(蚕室)ロッテワールドモール5階
アクセス  地下鉄2号線チャムシル駅
利用料金  ₩30,000~₩60,000/人
利用時間  日曜日-木曜日 10:30~22:00 / 金曜日-土曜日 17:00~23:00

icon_books
文化を愛する人ならば

SOUNDS HANNAM

sounds_hannam

    ソウルのあちこちにあるカフェ、レストラン、ギャラリーが集まったいわゆる「モール」のコンセプトを持ってはいますが、SOUNDS HANNAM は明らかに異なっています。レジデンス、オフィス、リテールが調和し、都心複合文化空間としての規模はさほど大きくはありませんが、それぞれ特色ある店舗が入店しているので好奇心をくすぐってくれます。入口から入ると見える小さな広場を中心に、流行のレストラン、カフェ、書店、ギャラリーなどがあり、タイトな一日を送るのには十分でしょう。

    その中でもひときわ目を引くのは、書店「スチールブックス(Still Books)」。4つのフロアがテーマ別にキュレーションされているので、異なる魅力をフロアごとに楽しむことができます。特定のテーマを決めて、本とその本を紹介するMDをリンクして展示しているので、いつの間にかコンテンツに接近している…ということになっています。時間が経つの忘れて、気が付いたらMDを購入している自分に気づくことも。

    ここの建物の構造を一目で理解するのは難しいかもしれません。5つの建物が互いに絡み合い、複雑な迷路のような構造をしているので、この空間であちこち冒険してみるのも面白いかもしれません。

スチールブックス

住所  ソウル市ヨンサン(龍山)区テサグァンロ35
アクセス  キョンイ・チュンアン線「ハンナム」駅1番出口
利用時間  Sounds Hannam 8:00~24:00 (店舗により異なる) / スチールブックス(Still Books) 12:00~21:30 (月曜日休み)