おすすめ旅行コース

五感が満足するソウルのイベント

ソウルを楽しむ おすすめ旅行コース

Untitled Document

五感が満足するソウルのイベント

五感満足ソウルのイベント_main

 

暑くも寒くもない心地のよい風がふき、イベントに参加するのに一番いい季節かもしれません。
ソウルの各自治区ではうららかな春日和を記念するかのように、さまざまなイベントが催されます。
5月は特に家庭の月と相まって、家族がともに楽しめるイベントが多く、パレード形式の行列で昔を今によみがえらせた行列を見て、聞いて、味わい、楽しむ。
五感を満足させるイベントで熱気あふれるソウルを感じてみよう。

 


icon_line

燃燈祝祭 (5/3~5)

燃燈祝祭_1 燃燈祝祭_2

    毎年この時期になるとクァンファムン(光化門)一帯は数千個の提灯で色付きます。古くは新羅時代から平和と安寧を願うために始まった燃燈会が、今年は5月3日(金)から5月5日(日)まで行われます。燃燈祝祭の期間中は見どころでいっぱいになります。チョゲサ(曹渓寺)前を通るウジョングクロで催される伝統文化マダンでは100以上のブースが広がり、多様な文化体験プログラムを楽しむことができます。見る祭りで参加型プログラムを大幅に増やしているため、韓国内外の観光客にとっても、より身近なイベントとしてソウルを代表するストリートフェスティバルとしての地位を築いてきています。

    燃燈祝祭に参加する人は、自分で作った提灯を灯して通りを歩くと、今まで忘れていた伝統と文化の美しさに再び会えるきっかけとなることでしょう。特に今年は5月5日のこともの日に合わせ、子供伝統遊び体験、小さな八角燈作りなどのプログラムが新設されました。こどもの日を首を長くして待っている子供たちをどこへ連れていくか悩んでいるのなら、燃燈祝祭に連れて行くのも良い選択肢になることでしょう。





icon_line

ソウルドラムフェスティバル (5/25~26)

ソウルドラムフェスティバル_1 ソウルドラムフェスティバル_2

    ソウルの中心で鳴り響くドラムの鼓動。カフェ、レストラン、さらには通りでも歌が響き渡るほどに歌と踊りを楽しむ韓国人の特性からか、ソウルには特に音楽に関連したイベントが多くあります。ソウルドラムフェスティバルが今年は5月25日(土)から5月26日(日)までの2日間行われます。

    ソウルの代表的な祭りとして定着したソウルドラムフェスティバルは、人類の共通の楽器であるドラムで世界の人々とつながる、言葉と人種、国境を越えてひとつになるノンバーバルパフォーマンス(Non-Verbal Performance)でもあります。毎年のように世界トップクラスのドラムアーティストが参加しているソウルドラムフェスティバルでドラム展示体験館など、誰もが参加して楽しめるプログラムが行われる予定です。ドラムの本当の魅力にはまりたい人は2日間にわたるマスタークラスに是非参加してみましょう。世界的ドラマーであるChris Colemanと舞台で直にコミュニケーションしたり、演奏技術を間近で見ることができる時間が設けられています。事前SNSイベントを通して忘れられない瞬間を体験できるチャンスが50名に提供される予定です。





icon_line

ソウルバラ祭り (5/24~26)

ソウルバラ祭り_1 ソウルバラ祭り_2

    爽やかな天気にぴったりのバラの香りが鼻をくすぐり、花畑の入口から5.15kmにも及ぶローズロードに圧倒されることに違いありません。バラを含め様々な種類の花が咲き、あちこちには写真映えするスポットではイベント期間中、人生ショットを残すことができます。ソウルバラ祭りではバラだけでなく、体験プログラムと多くのグルメで世代に関係なく楽しめる代表的なカスタム型ソウルのイベントとなりました。ローズロードに沿って行くと工芸体験と物品販売ブースが運営されているので、気軽に楽しむことができます。また様々なフードトラックのグルメも見逃せません。メインステージでは、有名歌手と市民が作るレベルの高い公演が行われる予定です。昼間に時間が取れない人は、残念がる必要はありません。私たちにはそれよりも美しい夜があるので。チュンナンチョン(中浪川)にそってライトアップされているので、昼間とはまた違ったロマンティックな雰囲気があります。

    家族といっしょに、また恋人とのデートコースでももってこいなソウルバラ祭りは5月24日(金)から5月26日(日)までメインイベントが催され、イベントの前後一週間はリトルローズフェスティバルが運営されます。





icon_line

ソウル夜トケビ夜市 (4/5~10/27)

ソウル夜トケビ夜市_1 ソウル夜トケビ夜市_2

    夜になると現れるトケビ(韓国語で鬼という意味)夜市があります。ここでいうトケビとは夜になると現れるが、朝になれば消えてしまうトケビのように、ある時間になると新しい空間に変貌する楽しさを届けるナイトマーケットのことです。ソウルを代表するイベントらしく、ヨイド(汝矣島)、パンポ(盤浦)、トンデムンデザインプラザ(DDP)、チョンゲチョン(清渓川)、文化備蓄基地などソウルの名所が持つそれぞれ違った魅力をコンセプトにソウル型夜市を演出します。

    元祖夜市であるヨイド(汝矣島)ナイトマーケットは「ハンガン(漢江)で楽しむ一晩の世界旅行」をテーマに、様々な国籍のセラーやアーティストが参加します。パンポ(盤浦)ナイトマーケットは華やかな照明に合わせて動く虹の噴水とハンガン(漢江)を背景に、最もロマンチックな雰囲気を演出する夜市です。月明りの下、夜のトケビラジオとバレエ、タンゴなどの多彩な公演を楽しむことができます。チョンゲチョン(清渓川)では韓国の伝統的なパフォーマンスと多国籍フードトラックとハンドメイド観光商品を打ちだした都心ツーリストマーケットを演出しています。韓国のハンドメイドの達人たちが実力を惜しみなく込めて作ったハンドメイドマーケットでは世界に一つしかないお気に入りアイテムを見つけるのも楽しい。トンデムンデザインプラザ(DDP)ナイトマーケットはファッションの聖地トンデムン(東大門)らしく、ファッションと音楽、美味しいグルメが楽しめるトレンディな青春夜市が現れます。最後に文化備蓄基地のシーズンマーケットでは、ソウルの都市再生のランドマークで楽しむ環境夜市をテーマに催されます。環境に配慮したエコハンドメイドジャケット、アップサイクリングナイトマーケット、皿洗いキャンペーンなど、誰もが自主的に参加できる環境にやさしいイベントが行われています。





icon_line

韓国伝統体験のすべて (3/15~5/15)

韓国伝統体験のすべて_1 韓国伝統体験のすべて_2

    季節ごとに変わる韓国内外の韓国客へ多彩な体験を提供するナムサン・ハノンマウル(南山韓屋村)韓国伝統体験プログラムが5月15日(水)まで開催中です。大変な賑わいを見せるナムサン・ハノンマウル(南山韓屋村)韓国伝統体験プログラムですが、今年は新しいプログラムを加え、より多くの人々が楽しめるように構成されています。今年のプログラムには、昨年に続き、餅作り、天然染色、伝統の香り教室、弓作り、韓服体験、鷹狩り体験、茶の礼節体験のほか、歳時風俗と伝統遊び、閨房工芸品、伝統公演体験、伝統武芸体験、色鉛筆で描く漫画、ヤンタングク(大韓帝国で初めてのコーヒー)体験などが追加されより一層多彩なプログラムに参加することができます。

    休館日である月曜日を除いて、毎日午前10時30分から午後5時まで運営されています。プログラムの事前予約は昨年と同様、2日前までに予約する必要があります。ただし、当日券が残っている場合は現地申し込みで当日参加が可能です。体験が終わった後は、韓屋村観覧をおすすめします。ナムサン・ハノンマウル(南山韓屋村)は韓屋が樹木とともに美しい調和をなし、ソウルのランドマークであるナムサン(南山)を背景に古雅な景観を見ることができます。ナムサン・ハノンマウル(南山韓屋村)での一日は、忘れられない一日となることでしょう。