おすすめ旅行コース

老舗の道:韓国と世界がともに息づくところ – 後編

ソウルを楽しむ おすすめ旅行コース

Untitled Document

過去と現在が重なり
韓国と世界がともに息づくところ



ハンシン陶器_main

    イテウォン(梨泰院)、ヘバンチョン(解放村)、キョンリダンギル(経理団通り)など、いわゆる多文化ホットプレイスと呼ばれるヨンサン(龍山)は老舗の店でさえ、独特な個性を持って花開きました。アメリカ軍基地の外壁に沿って積まれた陶器が、まるで小さな地球村で韓国を代表するかのように並ぶ「ハンシン陶器」、アメリカ軍部隊のごみ捨て場から古本を収集して売り始め、いつの間にか外国書籍を扱う書店になった「フォーリンブックストア」、韓国と世界の文化が調和したユニークな存在感を放っています。




icon_甕



思い出が詰まり、伝統が残るところ:ハンシン陶器



ハンシン陶器_1 ハンシン陶器_2

    50年の歴史を持つヘバンチョン(解放村)のランドマークとも呼ばれる陶器販売店。ハンシン陶器のシン・ヨングン社長は訪れてくれる顧客のために、自身が高齢にも関わらず年中無休で商いをしています。ハンシン陶器で取り扱っている陶器はすべて磁器で有名なイチョン(利村)から買い付けてきたものです。販売している陶器は一般に売られている陶器に比べ、内容物の保存期間が長くもち、殺菌効果も高いとのこと。


ヘバンチョン(解放村)のランドマーク「ハンシン陶器」


icon_store 1967年開業

icon_address ソウル市ヨンサン(龍山)区シンフンロ7

icon_telephone +82-2-794-3687

icon_clock 営業時間は日によって異なる

icon_metro 地下鉄6号線ノッサピョン駅2番出口徒歩7分




icon_経理団通り



キョンリダンギル(経理団通り)



キョンリダンギル_経理団通り_1

    1975年に創設された陸軍中央経理団(現韓国軍財政管理団)があったため、「キョンリダンギル(経理団通り)」と名付けられた場所。韓国軍財政管理団正門からグランドハイアットホテルまでつながっている通りで、個性あふれるカフェやレストランが多く、若者たちのホットプレイスに浮上しています。ここ一番の人気スポットである「ストリートチュロス」は必ず訪れたい店となり、ここから広がるレストランも各料理で訪れる人々を魅惑しています。


イテウォン(梨泰院)のホットプレイス「キョンリダンギル(経理団通り)」


icon_metro 地下鉄6号線ノッサピョン駅2番出口徒歩11分 / 地下鉄6号線イテウォン駅1番出口徒歩14分




icon_古本



ソウルで読むロンドンの雰囲気:フォーリンブックストア



フォーリンブックストア_1 フォーリンブックストア_2

    チェ・ギウン社長はヨンサン(龍山)に駐留していた米軍が捨てていった本と雑誌を集めて商売を始めました。彼は古本屋を経営し、家庭を築き、3人の娘を育てました。またフォーリンブックストアを訪れた人に韓国の思い出にとタオルをプレゼントしています。国があったからこそ50年以上に渡り古本屋をやっていけたという彼の考えからでした。長い年月の間、10万冊近くの蔵書を抱えるフォーリンブックストアはソウルで最も古い外国書籍専門の古本屋で、ソウル市の未来資産に指定されました。


ソウルで最も古い外国書籍専門の古本屋「フォーリンブックストア」


icon_store 1973年開業

icon_address ソウル市ヨンサン(龍山)区ノッサピョンロ208

icon_telephone +82-2-793-8249

icon_clock 10:00~21:00

icon_metro 地下鉄6号線ノッサピョン駅3番出口徒歩4分




icon_世界の料理



イテウォン(梨泰院)世界飲食文化通り・イテウォン(梨泰院)ロデオ通り



梨泰院世界飲食文化通り_1 梨泰院世界飲食文化通り_2

    イテウォンロ27ガギルに沿って形成された多文化飲食街で世界の50ヶ国以上の料理を味わうことができます。ポグァンロ59ギルに沿って形成されたロデオ通りでは個性あふれる服やアクセサリーをショッピングし、イテウォン(梨泰院)通りのファッション文化を満喫することができます。


多文化グルメ通り「イテウォン(梨泰院)ロデオ通り」


icon_address ソウル市ヨンサン(龍山)区イテウォンドン(梨泰院洞)

icon_metro 地下鉄6号線イテウォン駅2番出口徒歩1分




icon_アンティーク家具



イテウォン(梨泰院)アンティーク家具通り



梨泰院アンティーク家具通り_1 梨泰院アンティーク家具通り_2

    1960年代後にヨンサン(龍山)米軍部隊に勤務していた軍人たちが帰還するときに、韓国で使っていた家具を売るために家具を出していたことで、自然に家具通りが形成されました。今ではヨーロッパやアメリカの高級家具が集まり、韓国を代表するアンティーク家具通りとなりました。アンティーク家具通りについてより詳しい情報はwww.itaewonantique.comにて。


韓国を代表するアンティーク家具通り


icon_address ソウル市ヨンサン(龍山)区イテウォンドン(梨泰院洞)

icon_metro 地下鉄6号線イテウォン駅4番出口徒歩5分



icon_現地人おすすめ 現地人おすすめ!イテウォン(梨泰院)アンティークフェスティバル

    毎年イテウォン(梨泰院)アンティーク家具通りにおいて催されるイベントで、一帯の80以上の店舗が参加します。掘り出し物の家具、照明機器、小物などを通りで展示・販売します。割引価格で販売されるため、欲しかったビンテージ物を見つける良いチャンス。家具店のほか、周辺のカフェ、レストランなども参加します。詳しくはアンティーク家具協会サイトで要確認。




icon_モスク



イテウォン(梨泰院)イスラム通り



ソウル中央聖院

    イテウォン駅からソウル中央聖院まで続く通りでイスラム通り、またはアフリカ通りと呼ばれています。ソウル中央聖院は韓国政府が土地を無償提供し、サウジアラビアが聖院の建設費用を提供し、1976年に韓国で初めて扉を開きました。韓国にある16のモスクの総本山でイスラム通りの象徴とも言えます。


ソウル中央聖院まで続く通りで「イスラム通り」or「アフリカ通り」


icon_address ソウル市ヨンサン(龍山)区ウサダンロ10ギル39 韓国イスラム教中央会ソウル中央聖院

icon_metro 地下鉄6号線イテウォン駅3番出口徒歩8分