ページあたりのコンテンツの内容を開始

main_体験できるオレカゲ_老舗_北村工房編

 

体験できるオレカゲ(韓国の老舗)
プクチョン(北村)工房特集

  プクチョン(北村)一帯に集まっているオレカゲの殆どは工房です。その店ならではの伝統を守り、継承して韓国で唯一の技術を持っている工房があります。プクチョン(北村)で経験できる他の場所では見られない「One and Only」の老舗工房を訪ねてみよう。

 

 

 

 

アウォン(阿園)工房(プクチョン(北村)店)

体験できるオレカゲ_老舗_北村工房編_icon_アウォン_阿園工房

1983
ソウル市チョンノ(鐘路)区プクチョンロ5ガギル3
+82-2-735-3482

 

体験できるオレカゲ_老舗_北村工房編_アウォン_阿園工房_1

 

  1983年、ノ・インア、ノ・インジョン姉妹が開いたアウォン(阿園)工房。
  金属工芸作家ノ・インアが作成した作品がこの工房を守っています。アウォン(阿園)工房特有の感性は作品ではもちろん、作品で構成され完成した空間自体にも感じることができます。

  春の光のように、青い空間の色、ノ・インアの暖かい視線と手から作られた作品で完璧なアンサンブルを構成しています。空間で癒され、幸せを感じる空間です。

 

体験できるオレカゲ_老舗_北村工房編_アウォン_阿園工房_2

 

 

 

 

ハヌルムルビッ(空水光)

体験できるオレカゲ_老舗_北村工房編_icon_ハヌルムルビッ_空水光

1973
ソウル市チョンノ(鐘路)区チャンドックン5ギル8
+82-2-739-6352

 

体験できるオレカゲ_老舗_北村工房編_ハヌルムルビッ_空水光_1

 

  ハヌルムルビッ(空水光)天然染色研究所の2代目である社長ホン・ソンピョ氏は藍色、インディコブルーなど藍染の大家として知られています。藍染めの染料を作るためには、必ず夏に作業をしなければならないとのこと。高温の中で熟成させる必要があり、また柿や灰貝を焼いて炭を作り、それを挽いて混ぜることで色素のみを取り出すことができるといいます。さらに1年間寝かしておいて、やっと染料となるとのこと。20回ほど染色を繰り返して出来上がるまでに2ヶ月掛かる天然染色は人の努力が殆どということになります。

 

体験できるオレカゲ_老舗_北村工房編_ハヌルムルビッ_空水光_2

 

 

 

 

トンリム(東琳)メドゥプ工房

体験できるオレカゲ_老舗_北村工房編_icon_トンリム_東琳_メドゥプ工房

2004
ソウル市チョンノ(鐘路)区プクチョンロ12ギル10
+82-2-3673-2778

 

体験できるオレカゲ_老舗_北村工房編_トンリム_東琳_メドゥプ工房_1

 

  際限なく同じ作業を繰り返すことで美しいメドゥプ(組み紐)ができあがります。トンリム(東琳)メドゥプ工房の館長シム・ヨンミ氏は50年以上もの間、数え切れないほどのメドゥプを作り続けてきました。毎回新しい結び目の開発を重ね、今ではそのパターンは39種類にもなります。糸から作るこだわりがあるため、いつも糸を寄り合わせる作業から始まります。シム館長の手にはタコができており、職人の手なのです。

 

体験できるオレカゲ_老舗_北村工房編_トンリム_東琳_メドゥプ工房_2

 

 

 

 

チョンウォンサンバン(清円山房)

体験できるオレカゲ_老舗_北村工房編_icon_チョンウォンサンバン_清円山房

1981
ソウル市チョンノ(鐘路)区プクチョンロ6ギル27
+82-2-715-33422

 

体験できるオレカゲ_老舗_北村工房編_チョンウォンサンバン_清円山房_1

 

  チョンウォンサンバン(清円山房)に入った瞬間、端正でほのかな木の香りがします。
  無形文化財第26号の家具師であるシム・ヨンシク氏の研究室であり教育の場。韓国の文化財修理を引き受けてきた職人であるチェ・ヨンファン氏の後継として伝統を引き継いできました。シム・ヨンシク氏が生み出す建具組子の種類だけでも200種以上あります。作業場の壁の上にある100年以上も使われている道具は今でもシム・ヨンシク氏の忠実な助手の役割をしています。チョンウォンサンバン(清円山房)は周ってみるだけでも建具の美しさに気づくことでしょう。

 

体験できるオレカゲ_老舗_北村工房編_チョンウォンサンバン_清円山房_2

 

 

[2018-04-26 17:45  作成 / 2018-04-26 00:00  修正]