ページあたりのコンテンツの内容を開始

 

 

ソウルはパレットのように。

多彩な色どりにあふれるこの都市の魅力は数えきれないほど。

  現代的な技術が発達した最先端の5G都市、超高層ビルに囲まれ、ファッショナブルな人々が街を闊歩し、朝から晩まで活気あふれる都市。いつも大忙しのソウルにも、空を突き抜けるようなビルとビルの間にも余裕が残っています。

 

 

日常の中の小さな贅沢、ソウルヒーリングスポット_main

 

 

ソウルで見つける余裕

  緑色は人が最も心地よく感じる色だといいます。それゆえ、人々はのんびりとした時間を過ごしたいときには自然を求めます。家の前の公園で、近くの森で、あるいは可愛らしい動物を見て癒されに動物園への短い旅に出ます。自然に囲まれて都心で過ごすうちに溜まった疲労やストレスを解消する…特に暑い夏が予想される今年の夏、多忙なスケジュールをしばし置いて、自然がくれるプレゼント、日常の中の小さな贅沢をしてみましょう。

 

 

 

 

 

公園Xヒーリング

都心の中のシークレットガーデン
日常の中の小さな贅沢、ソウルヒーリングスポット_icon_公園

 

 

 

 

ソ(西)ソウル湖公園

日常の中の小さな贅沢、ソウルヒーリングスポット_公園_西ソウル湖公園_1

 

  昔使われていた浄水場を再利用した公園。平坦な遊歩道はジョギングにもよく、広い芝生の広場ではファミリーでピクニックを楽しむのにも適しています。

  湖公園の最大の見どころはモンドリアン庭園です。上から見下ろすと垂直線と水平線が交わり、まるでモンドリアンの作品を連想されることから名付けられたといいます。実際には浄水場であった時の石垣を撤去することなくそのまま庭のようにしたところの雰囲気が小説「秘密の花園」の中にいるようでワクワクします。

 

日常の中の小さな贅沢、ソウルヒーリングスポット_公園_西ソウル湖公園_2

 

icon_location  ソウル市ヤンチョン(陽川)区 ナンブスンファンロ64ギル20

icon_metro  地下鉄5号線カチサン駅

icon_price  無料

icon_time  24時間開放 (年中無休)

 

 

 

 

ヨンサン(龍山)家族公園

日常の中の小さな贅沢、ソウルヒーリングスポット_公園_龍山家族公園

  4.6kmの散策路とジョギングコース。 テグッキ(太極旗)公園と芝生広場。80種1万5,000本の樹木と公園の中に生息しているホロホロ鳥、野生キジ、マガモ、カルガモ、ガチョウなどファミリーでの訪問にも十分楽しめる公園。

  最大の見どころは公園内に設置された9点の彫刻。韓国国内外の有名彫刻家の作品で、ヨンサン(龍山)家族公園は単なる公園から文化休息空間としての役割を果たしています。

icon_location  ソウル市ヨンサン(龍山)区ソビンコロ185

icon_price  無料

icon_time  24時間開放 (年中無休)

※ 公園内で楽しめる体験プログラムは下記リンクから確認することができます。

icon_homepage  http://parks.seoul.go.kr/ (韓国語)

 

 

 

 

 

動物Xヒーリング

ビルのとなりにある動物園
日常の中の小さな贅沢、ソウルヒーリングスポット_icon_動物

 

 

 

 

ソウル大公園

日常の中の小さな贅沢、ソウルヒーリングスポット_動物_ソウル大公園_1

 

  ソウル大公園では1ヶ月前に喜ばしいことがありました。純血種であるペクドゥサン(白頭山)トラ4頭が4年7ヶ月ぶりに産まれました。トラの赤ちゃんは来年の始め頃に一般公開される予定です。また昨年は22年ぶりに象が誕生し、一般市民へ初公開となりました。

  ソウル大公園は動物園だけでなく、植物園、テーマガーデン、癒しの森、そしてキャンプ場などもあり、複合ヒーリング空間と言えます。

 

日常の中の小さな贅沢、ソウルヒーリングスポット_動物_ソウル大公園_2

 

icon_location  キョンギ(京畿)道クァチョン(果川)市テゴンウォンクァンジャンロ102

icon_price  施設別に料金が異なるため、こちらより確認してください。

icon_time  年中無休 (動物園は閉園1時間前まで入場可能)

 

 

  

 

ソウル子供大公園

日常の中の小さな贅沢、ソウルヒーリングスポット_動物_ソウル子供大公園_1

 

  公園の名前にふさわしく、1973年5月5日のこどもの日にオープンしました。ですが、子供のためだけの公園ではありません。動物園、植物園、遊園地まで備えており、老若男女誰でも憩える空間として親しまれています。また子供大公園は写真撮影にもふさわしいスポットのひとつ。爽やかな森から元気をもらったり、朝の公園を散歩してみましょう。毎朝5時にオープンする子供大公園では静かな朝を迎えることができます。

 

日常の中の小さな贅沢、ソウルヒーリングスポット_動物_ソウル子供大公園_2

 

icon_location  ソウル市クァンジン(広津)区ヌンドンロ216

icon_location  公園入場は無料 / 動物園及び公演会場 KRW 7,000 / 遊園地アトラクションは個別に利用券を購入する

icon_location  公園 (5:00~22:00) / 動物園 (10:00~17:00)

icon_location  http://www.childrenpark.or.kr/

 

 

 

 

 

植物Xヒーリング

都心の森
日常の中の小さな贅沢、ソウルヒーリングスポット_icon_植物

 

 

 

 

ホンヌン(洪陵)樹木園

日常の中の小さな贅沢、ソウルヒーリングスポット_植物_洪陵樹木園_1

 

  ソウルから出なくても、背の高い樹木と緑豊かな森の空間に出会うことができます。ホンヌン(洪陵)樹木園は1922年に造成された韓国初の第1世代樹木園。朝鮮王朝時代のコジョン(高宗)の王妃であるミョンソン(明成)皇后の陵であるホンヌン(洪陵)があった場所であったため、ホンヌン(洪陵)樹木園と名付けられました。

  韓国国内外の多様な植物の遺伝資源を収集し、管理しています。無料開放時には自然および環境学習、山林の価値を体験できる機会を提供しています。

 

日常の中の小さな贅沢、ソウルヒーリングスポット_植物_洪陵樹木園_2

 

icon_location  ソウル市トンデムン(東大門)区フェギロ57

icon_location  無料(平日は予約制)

icon_location  月曜日は休園
平日(火~金) 解説(韓国語) 10:30、13:30、15:30
週末(土及び日) 自由観覧 解説(韓国語)10:30、14:00

icon_location  https://goo.gl/mi5GYt

 

 

 

 

ソウル植物園

日常の中の小さな贅沢、ソウルヒーリングスポット_植物_ソウル植物園_1

 

  ソウル初のボタニックガーデン!植物と水をテーマにした自然と文化が融合した都市型植物園を目指しています。植物園周辺には自転車道も造成されており、よりエコなアクセシビリティを高めていく計画です。

 

日常の中の小さな贅沢、ソウルヒーリングスポット_植物_ソウル植物園_2

 

icon_location  ソウル市カンソ(江西)区マゴクドンロ161

icon_location  2018年下半期開園予定

 

 

 

 

日常の中の小さな贅沢、ソウルヒーリングスポット_icon_鉢植えサボテン

 

  そのほかにもソウルには大小さまざまな規模の公園があちこちに広がっています。都心の中の小さな余裕はそこに住む人々だけでなく、訪れる人々にも小さな贈り物となるでしょう。

  今年の夏は爽やかな緑あふれるソウルの公園へ小さな旅に出てみよう。

 

 

 

ソウルのいろいろな公園について

icon_location http://parks.seoul.go.kr/ (韓国語)

 

 

 

 

[2018-07-27 15:36  作成 / 2018-07-27 00:00  修正]