おすすめ旅行コース

GOT7のソウルライフ

ソウルを楽しむ おすすめ旅行コース

GOT7のソウルライフ_main

 

韓国、アメリカ、香港、タイなどの多国籍のメンバー7名が集まったGOT7。今年5月から8月にかけてのアジア、ヨーロッパ、北米など海外17ヶ都市に跨がるワールドツアーが大成功に終り、まさに韓国を代表するグローバルアイドルであることを証明しました。 最近は、公式SNSを通じて「GOT7にとって人生最高のプレゼントはファン」という意味の「Present : YOU &ME」の全曲のトラックリストが含まれたイメージを公開し、カムバックの秒読みに入りました。忙しいスケジュールの中でも、VLIVEを通じてファンとのコミュニケーションをやり続けるなど、格別なファン愛を実践しているGOT7の足跡を追いかけてみましょう。

探訪コース

JILHAL BROS – マークレイン・コーヒー – ウンボンサン(鷹峰山)八角亭 – コキリ・ボーリング場

 

 

GOT7のソウルライフ_icon_course_1

ユギョムのソウルフードに出会いたいなら

JILHAL BROS

 

GOT7のソウルライフ_course_1_jilhal_bros

 

GOT7の所属事務所、JYPの社屋近くにあるJILHAL BROS。ユギョムが練習生時代から今までスケジュールが空いている日によく訪れるそうです。すでにV LIVEの「モクバン(グルメ番組)」を通じて、JILHAL BROSに対する愛情を存分に見せてくれたユギョムなのですが、さらにはJILHAL BROSという単語がユギョムの関連検索ワードとして登場するくらい、ここはユギョムのソウルフード食堂であるわけです。ユギョムがJILHAL BROSでおすすめするメニューは、断然「コンボ・ライス」です。鶏肉、羊肉、レタス、トマト、ハラピニオ、ピーターブレッド、それからご飯の上にファイトソースをかけてよく混ぜると、練習生時代からユギョムといつも一緒だったしっかりした食事が完成されます。彼はファンに向け、ファイトソースをたっぷりかけると美味しさが倍になるとアドバイスの言葉を残してくれました。

 

JILHAL BROS

GOT7のソウルライフ_icon_compass  ソウル市カンナム(江南)区アックジョンロ79ギル32 1階

GOT7のソウルライフ_icon_clock  11:00~22:00

GOT7のソウルライフ_icon_telephone  +82-2-542-1422

GOT7のソウルライフ_icon_computer  ウェブサイトを見る

 

 

GOT7のソウルライフ_icon_course_2

コーヒーの味がだんだん分かってくる時間

マークレイン・コーヒー

 

GOT7のソウルライフ_course_2_マークレイン・コーヒー_mark_lane_coffee

 

V LIVE「GOT7のHARD CARRY」の最終話に登場するマークレイン・コーヒー(Marklane coffee)は、アプグジョン(狎鴎亭)ロデオ通りの中心部に位置する2階立てのロースト・カフェです。店内に入ると、コーヒー豆を自家焙煎する店ならではの香ばしいコーヒーの香りが先に人々をお迎えしてくれます。まず1階では注文したコーヒーを淹れてくれるバリスタの姿を見物できるドリップ・バー(drip bar)が視線を引き付けます。そのすぐ横のガラス張りの大きな窓は、とても日当たりがよいため、写真を残すには最高の場所になるはずです。マークレイン・コーヒーは、バリスタが直接淹れてくれるハンドドリップとコールドブリューがとても有名です。たとえコーヒーに詳しくない人でも自分の好みに合うコーヒーに出会うかもしれません。

 

マークレイン・コーヒー

GOT7のソウルライフ_icon_compass  ソウル市カンナム(江南)区ソンルンロ157ギル23-5

GOT7のソウルライフ_icon_clock  月曜~土曜10:00~23:00、日曜10:00~22:00

GOT7のソウルライフ_icon_telephone  +82-2-516-5202

GOT7のソウルライフ_icon_computer  ウェブサイトを見る

 

 

GOT7のソウルライフ_icon_course_3

もってこいの散策コース

ウンボンサン(鷹峰山)八角亭

 

GOT7のソウルライフ_course_3_鷹峰山_八角亭_1

 

ウンボンサン(鷹峰山)八角亭から見下ろす夜景は、建国大学のイルガムホ(一鑑湖)、サムチョンドン(三淸洞)通りとともにソウル3大夜景の一つに数えられます。ウンボンサン(鷹峰山)は、V LIVE「花ブロ」を通じて、ジャクソンがMONSTA Xのジュホンと一緒に夜間登山を行った場所でもあります。ウンボン駅1番出口を出て、人工岩壁公園を通り過ぎ、木の階段を30分くらい登ると、ウンボンサン(鷹峰山)八角亭にたどり着きます。ウンボンサン(鷹峰山)は、標高94メートルとそれほど高くない山で、散策のつもりで挑戦してみてもよいくらいのコースです。遠くにはナムサン(南山)や広々としたハンガン(漢江)など、眠らない都市の情景を一望できるスポットとして、どの季節に訪れても、その季節なりの魅力を十分満喫できるはずです。

 

GOT7のソウルライフ_course_3_鷹峰山_八角亭_2

 

ウンボンサン(鷹峰山)八角亭

GOT7のソウルライフ_icon_compass  ソウル市ソンドン(城東)区ウンボンドン271

GOT7のソウルライフ_icon_clock  年中無休 0:00~24:00

GOT7のソウルライフ_icon_telephone  +82-2-2286-6061

 

 

GOT7のソウルライフ_icon_course_4

GOT7のようにボーリング試合を?

コキリ・ボーリング場

 

GOT7のソウルライフ_course_4_コキリ・ボーリング場_elephant_bowling_center

 

GOT7のメンバーみたいに快適な場所で運動を楽しみたいなら、チュンムロ(忠武路)にある「コキリ・ボーリング場」(「コキリ」は、象の意味)をおすすめします。V LIVE 「Got7ing」のボーリング編で、ここを訪れたGOT7のメンバーたちはチームを分け、ボーリング対決を繰り広げました。順番を待つ間に、ダーツをしたり、カフェが利用できたり、何よりもきれいな施設でボーリングゲームを楽しむことができるというところがいいです。ミョンドン駅から歩いて10分くらいに位置しており、ナムサン(南山)とウルチロ(乙支路)も近いとあって、帰りのサラリーマンの集まりや週末にはカップルのデート場所にもなります。

 

コキリ・ボーリング場

GOT7のソウルライフ_icon_compass  ソウル市チュン(中)区トェゲロ166 フングク(興国)ビル

GOT7のソウルライフ_icon_clock  月曜~木曜10:30~翌2:00、金曜~土曜10:30~翌3:00、日曜10:30~24:00

GOT7のソウルライフ_icon_telephone  +82-2-2268-6073

GOT7のソウルライフ_icon_computer  ウェブサイトを見る (韓国語)

 

GOT7のソウルライフ_map

 


※ この情報は2018年11月に作成されたもので、今後内容が変更される場合があります。訪ねる前に必ずご確認ください。