おすすめ旅行コース

ウルチロ(乙支路)ディストリクトC

ソウルを楽しむ おすすめ旅行コース

Untitled Document

ウルチロ(乙支路)に着陸したディストリクトC



乙支路に着陸したディストリクトC_main

ウルチロ(乙支路)のビル群の下、隠れた階段を下りて行くと ディストリクトCの輝く空間が現れます。 ホットな店を集めた「セレクト・ダイニング」を披露する企業 OTDの新しい作品とも言えます。


ハ・ウナ / 写真 イム・ハクヒョン

icon_リーディング

人生を謳う書店、ARC.N.BOOK



arc_n_book

    最近、SNSでは本で作ったトンネルの写真をよく見かけます。どことなくエキゾチックな風景に、英国かヨーロッパの書店ではないかと想像をしますが、実は英国でもヨーロッパでもないソウルの中心、ウルチロ(乙支路)にあるARC.N.BOOKなのです。

    書店を中心に飲食店やカフェが並び、空間を区切るのは壁ではなく、書架が区切っているという点が印象的です。どこを見回しても本だらけの世界で思いのままに足を運んでみましょう。書架は「日常(Daily)」、「逸脱(Weekend)」、「外面(Style)」、「内面(Inspiration)」と区分されています。気分に応じて、欲求に基づいて本探しの旅をし終えると、おそらくあなたの好みはよりしっかりとしたものになることでしょう。自分の好きなものを見つけ、惹かれる場所で欲求を探します。旅に出る人は「内面」エリアがおすすめです。旅行は自分自身を探していく過程でもありますから。本のほかにも、アルバム、文房具、ディフューザー、雑貨、小物などの生活の質を一層アップグレードしてくれる様々なアイテムを扱っています。あちこちにあるイスに座って古風なジャズとクラシックの旋律を背景に、自分好みを見つけましょう。都心で享受できる心の休息がそこにはあります。


icon_address ソウル市中区ウルチロ29 地下1階

icon_clock 10:00~22:00

icon_telephone +82-70-8822-4728

icon_instagram instagram @arc.n.book_official

 

 

icon_日常生活

笑顔をもたらす研究所、植物学



植物学

    カロスギルのホットプレイス、植物学がウルチロ(乙支路)に上陸しました。白衣を着た店員と息づく植物が交差し、まるで樹木園に来たかのようです。名前の通り、様々な植物が店内のあちこちにあるので、どこに座っても植物と向き合うことになります。

    人気メニューはソルカラテ(ソルティキャラメルラテ)とモンブラン。別名タンチャンダンチャンコーヒーと呼ばれるソルカラテは香ばしいラテに塩キャラメルが入っています。一口飲むと、甘さと塩味が同時に感じられる魅力的な味なのです。コールドブリューに手作りクリームが入ったモンブランはアルプスのモンブランから着想を得たとのこと。雪山のモンブランような真っ白なクリームがコーヒーと混じり合い、香ばしくて甘みがあります。

    疲れを癒してくれる爽やかな緑を見て味わうコーヒーが心を癒してくれるでしょう。


icon_address ソウル市中区ウルチロ29 地下1階

icon_clock 平日 8:00~22:00 週末 10:00~22:00

icon_telephone +82-70-8832-0988

icon_instagram instagram @sikmulhak

 

 

icon_寿司と猫

五感を刺激する味、SUSU SHISHI & Tha'Table



susu_shishi_tha_table

    何を食べるかお悩みの時は、迷うことなくSUSU SHISHI&Tha’Tableへ向かいましょう。寿司とパッタイをひとつの場所で味わうことができます。カンナム(江南)区サムソンドン(三成洞)にあるSUSU SHISHIとアプクジョン(狎鴎亭)に本店を置くTha’Tableが提携しました。

    SUSU SHISHIではサーモンがおすすめ。一貫が大人の手のひらほどの大きさで、普通の寿司の4.5倍もの大きさとのこと。大きな寿司をほおばって、アツアツのうどんも一緒に添えればこれ以上完璧なコンビネーションはないでしょう。それからTha’Tableのパッタイもお忘れなく。味わう瞬間、タイにある激ウマ店に瞬間移動したように、タイの風景が浮かんでくるはずです。


icon_address ソウル市中区ウルチロ29 地下1階

icon_clock 10:00~22:00

icon_telephone +82-2-777-0013

icon_instagram instagram @susushishi / @thatable

 

 

icon_朝ごはん

オールド・アンド・ニュー、テグクダン(太極堂)



太極堂

    1946年にオープンしてから、70年以上にもわたり愛され続けているチャンチュンドン(奨忠洞)の最古参のテグクダン(太極堂)。すぐに売り切れになってしまわないかと、長い行列に並ぶことはありません。ディストリクトCに入店したテグクダン(太極堂)では人気のパンはもちろん、パンにぴったり合うカフェメニューも登場しました。レトロなインテリアが魅力的なカフェに特化したパン屋となっています。長年愛されているアイスクリームが入ったテグクダン(太極堂)モナカから、あんぱん、せんべいなども味わうことができます。

    長い歴史を誇る店舗らしく、店内はシニア層から歩き始めた子供まで幅広い年齢層の人に愛されています。自分が生まれる前からあったパンを食べる若者と初めて味わうウインナーコーヒーに魅了されたご年配の方の姿が調和している場所です。


icon_address ソウル市中区ウルチロ29 地下1階

icon_clock 10:00~22:00

icon_computer taegeukdang.com

 

 

icon_アンティーク家具

世界中の雑貨、DDINGULMARKET



ddingulmarket

    主婦たちの宝島とよばれたフリーマーケットddingulがddingulmarketへと名前を変え、オープンしました。キッチンツールから食品、バス用品、ディフューザー、植物、服、アクセサリー、ベビー用品など家庭で使われる様々な雑貨を販売し、今も主婦たちの宝島と呼ばれています。

    開放的な構造の一般的なリビング専用編集ショップとは異なり、店内は独特な雰囲気があります。店内に入ると、時計、ディフューザー、装飾品などが置かれたリビングルームから始まり、キッチン、バスルーム、子供部屋へ続いており、まるで誰かの家に来たかのような気持ちになります。商品のほとんどは韓国の中小企業の優れた製品の中から選ばれたアイテムで、価格もリーズナブル。長い間主婦たちから支持されている理由がわかります。


icon_address ソウル市中区ウルチロ29 地下1階

icon_clock 10:00~22:00

icon_telephone +82-70-7703-2555

icon_instagram instagram @ddingulmarket