ページあたりのコンテンツの内容を開始

茶房特集_main

 

  ソウルを歩いていると最も目につくものの中の一つがカフェ。人はカフェでゆったりとコーヒーを飲み、勉強をしたり、集まったりもします。カフェという空間は単にコーヒーを飲むだけの空間ではないと言えます。実際、カフェといえば外国の文化を思い浮かべますが、韓国にはタバン(茶房)という喫茶店があり、1980年代にはタバン(茶房)が流行していました。タバン(茶房)とは茶を注ぐ場所という意味。タバン(茶房)は今日のようにほっと一息ついたり、創作をしたり、体験をシェアしたりする空間でした。ソウルには当時の姿そのままに昔からのタバン(茶房)があります。時代の情緒と文化が刻まれているタバン(茶房)を見てみましょう。

 

 

 

 

ハンニムダバン(学林茶房)

茶房特集_icon_学林茶房

1956年
チョンノ(鐘路)区テハクロ119 2階
+82-2-742-2877

 

茶房特集_学林茶房

 

  学林、学問の森というハンニムダバン(学林茶房)はソウル大学校ヨンゴン(蓮建)キャンパスの隣に位置しています。扉を開け、中に入ると時間が止まったかのように昔の姿そのままを残しています。

  ハンニムダバン(学林茶房)にはいつも誰かが訪れています。ある人はここのシグネチャーメニューであるウインナーコーヒーを求め、またある人はここで座って音楽を聴くのが忘れられないと訪れます。思い出をシェアする場所ということかもしれません。最近では若い人もコーヒーの味も逸品のハンニムダバン(学林茶房)を好んで訪れます。以前よりローストした豆で淹れたコーヒーは今でも香り高い。

 

茶房特集_学林茶房_ウインナコーヒーと店内

 

 

 

 

カム

茶房特集_icon_カム

1972年
チュン(中)区ミョンドン4ギル16 (2、3、4階)
+82-2-776-3141

 

茶房特集_カム

 

  ウインナーコーヒー一杯がKRW 300だった時がありました。他の喫茶店が一杯KRW 80だった時代に。つまりカムは今の言葉でいえばホットなセレブ達が集まった場所であり、彼女・彼らが富と権力を自慢した場所でした。

  カムだけのアンティークなインテリアと窓から見える中国大使館の庭園の風景はミョンドン(明洞)の喧騒から離れて感じられる贅沢とも言えます。カムのウインナーコーヒーを味わいながら、窓から見える風景を観賞する余裕を感じてみよう。

 

 

 

 

チデバン(房)

茶房特集_icon_チデ房

1982年
チョンノ(鐘路)区インサドンギル33
+82-2-738-5379

 

茶房特集_チデ房_1

 

  茶を直に焙じた人が茶を淹れてくれる店。

  「チデバン(房)」の由来を見てみよう。チデとバン(房)の2つの言葉を組み合わせた造語で、チデとは純粋な韓国語で僧侶が旅支度を入れて持ち歩く袋を意味します。チデバン(房)とはお坊さんがその袋を置いて休む部屋を意味しています。

  インサドン(仁寺洞)の伝統喫茶店であるチデバン(房)は1980年代前半にできてから、インサドン(仁寺洞)を散歩して気軽に入って、茶を飲みながら談話をする場所でした。現在オーナーはイ・チョングク氏でチデバン(房)の3代目を担っています。

 

茶房特集_チデ房_2

 

 

 

 

ウルチダバン(乙支茶房)

茶房特集_icon_乙支茶房

1985年
チュン(中)区チュンムロ72-1
+82-2-2272-1886

 

茶房特集_乙支茶房

 

  ウルチダバン(乙支茶房)はウルチミョノク(乙支麺屋)の2階の入り口にあります。周辺には工具店が並び、初めて訪れようとする人は探しにくいかもしれません。店内に入り、カウンターをよく見ると35個に仕切られた白いプラスチックのボックスがあります。各仕切りの中には赤、緑の小さなチップが入っており、ボードゲームのような道具にも見えます。これがメニューで、赤色のチップはコーヒー、緑色のチップはサンファチャ(双和茶)を意味しています。

  冬には卵の黄身と 香ばしいナッツ類が浮かんだサンファチャ(双和茶)を注文する人が多いとのこと。昔からある喫茶店でのみ味わえる妙味でしょう。

 

茶房特集_乙支茶房_メニューと双和茶

 

 

[2018-05-28 14:23  作成 / 2018-05-28 00:00  修正]