おすすめ旅行コース

汽車が去りし場所に残った希望:弘大テンテン通り

ソウルを楽しむ おすすめ旅行コース

弘大テンテン通り_1

 

 

汽車が去りし場所に残った希望:

弘大テンテン通

 

サンウルリム小劇場の隣にあるワウサンロ32ギル。汽笛を吹いて走る列車も、荷物を包持って行き来する人ごみを今は見ることができませんが、新しい実験の花が咲いています。アーティストと商人のマッチングが通りに活気を吹き込んでいます。

 

テンテン通りというユニークな名前がついたのはキョンイ(京義)線からである。以前にここにキョンイ(京義)線列車が通っていた場所で、列車が通過する時の踏切遮断器の「テンテン」という音に由来しています。しかし、2005年キョンイ(京義)線 の地下化が始まり、通りの雰囲気が変わり始めました。主な交通機関減った途端、人々の往来も減りも商圏も縮小していきました。敷かれていたレールまで撤去した鉄道路線は文字通り荒涼とした空き地となりました。
テンテン通りにふたたび活気が戻ってきたのは、ここでお店を運営している住民のアイデアから始まりました。通りのあちこちにいる音楽家、美術家たちの力を借りて、この場所を生かすことができなか、と始まったのがまさに「テンテン通りマーケット」です。この小さな市場は2014年6月に数名の売り手から始まりました。始めは微々たるものでしたが、つぎからつぎへと人々が集まり始め、クチコミと放送により広く知れ渡るようになり、その年の秋にはその規模がさらに大きくなりました。

 

テンテン通り入口の丘にはインディーズバンドの故郷とも言えるサンウルリム小劇場があるます。また、ホンデ(弘大)へ向かう方向には多くの美術学院が。そんなことから昔から多くの芸術家たちが住み、滞在し、過ぎていく通りでした。そんなアーティストたちが今の通りを生かそうと始まりました。近所の人達はテンテン通りを「唯一ホンデ(弘大)周辺で巨大資本に飲み込まれていない場所だ。」と説明します。しかし、日が経つにつれて上がる地価、住宅価格上昇の余波はここまで及んでおり、特に2017年に完成が予定されているキョンイ(京義)線公園計画が発表されました。
テンテン通りの変化は、ここで終わりません。ご近所雑誌「テンテンマガジン」も作られ、芸術家と住民をつなぐ「1つの村を結ぶプロジェクト」も計画されています。また、年中数回の観光客とアーティスト、住民と公共機関が一つになるお祭りも開催予定です。

 

弘大テンテン通り_フリーマーケット_1 ① テンテン通り入り口にあるサンウルリム小劇場
② 今は空き地となってしまったキョンイ(京義)線の列車レール
③ 春から秋まで開催されるテンテン通りマーケット

 

個性的なものがある時はテンテン通りマーケットへ
テンテン通りマーケットでは、マーケットに出品する売り手を常時募集している。参加費は5千ウォンで、子どもや若者たちは3千ウォンでいい。自宅で眠っている品物を売ってみよう。現物交換も可能である。

 

弘大テンテン通り_フリーマーケット_2 ④ 手作りアクセサリーから出店作家が描いた絵画まで多様だ。
⑤ 今はアーティスト達の遊び場と変わったテンテン通りの汽車道。

 

Tip

地下鉄 : 2号線・空港鉄道・ホンデイック駅6番出口
バス : 270, 271, 273, 602, 603, 707
マポ(麻浦)区庁 : www.mapo.go.kr/foreign/mapo_japan/index.jsp
お問い合わせ : +82-2-3153-8114

 

こちらも一緒に

メセナポリス
キャニオン(峡谷)型ストリートモール。コエックスモールやタイムススクエアのように密閉された空間ではなく、真ん中が吹き抜けている開放感がある。

ワウサン(臥牛山)公園
マポ(麻浦)八景の一つであるワウサン(臥牛山)にある公園。森に沿って散歩すると湧き水の出る所を通り自然学習観察園につながっている。 ホンイク(弘益)大学校の裏山としても知られている。