ページあたりのコンテンツの内容を開始

top_line


「ヨルジョンド(熱情島)」青年商人

新しいナミョン駅に行こう
 
line
 


  2014年11月、青年団体である青年商人が、昔の印刷工場だけが無人島のように残っていたナミョン駅近くの通りを「ヨルジョンド(熱情島)」と名付け、7つの店舗をオープンさせました。青年商人たちは、月1回の「夜市」祭りを開催し、町内新聞を発行するなど、文化通りにしていこうという努力のお陰で通りの所々に熱い情熱と活力があふれています!



  
icon チキン革命

熱情島_1_1

  ヴィンテージ風のインテリアにチェ・ゲバラを彷彿とさせるウィットにあふれる鶏のキャラクターのイラスト。そのキャラクターが「ひとり1鶏」と叫ぶ店内に入れば、若い青年たちの覇気と情熱であふれています。ここの店員は2週間の教育とインターンを終え、正社員として採用された平均年齢25歳の青年達。青年商人の職員であり、店長であるキム・スジン氏は彼らが店舗の運営を経験できるように手助けし、また大衆的なメニューであるチキンをより楽しんで食べられる店を作りたかったそうです。基本に忠実なチキンとチムダク(鶏肉と野菜の蒸し物)、ここだけで味わえる「マヌルチキン(ガーリックチキン)」と「バターテンチョチキン(バター激辛唐辛子チキン)」など、チキン料理はやはり逸品なのです。またデリバリーするよりも、店で食べたくなる、店員の親切なサービスとエネルギーはチキン革命だけの「サービス革命」なのです!


熱情島_1_2

 
おすすめメニュー バターテンチョチキン 18,000ウォン、チムダク(小)17,000ウォン / 利用時間 11:00~24:00(Break Time 14:00~17:30) 日曜日休み / 住所 ソウル市ヨンサン(龍山)区ペクポムロ87ギル55
    




icon 鉄人28号

熱情島_2_1

  強靭なイメージの店名とは裏腹に女心を刺激する可愛らしい雰囲気が人を引きつけるワインバー。座席とテーブル3脚が全ての小さなバーです。内部の壁一面に映し出されたビームプロジェクターの映像とネオンサイン、花とキャンドルがロマンティックな雰囲気を作り出しています。本来、鉄板料理とワインの店で「鉄人28号」という名前でしたが、作るのが好きなキム・スヒョン店長が手がけることで、全く違う空間が誕生しました。店の玄関にあるエダムチーズをそのまま溶かしてトッピングしたトンサムギョプサルはワインと最高の相性を誇っています。飲食費500,000ウォンを支払えば、追加費用なしで5時間貸切ることができるので、パーティー会場としても人気が高いのも頷けます。


熱情島_2_2

 
おすすめメニュー エダムチーズを添えたトンサムギョプサル 29,000ウォン / 利用時間 17:30~24:00 日曜日休み / 住所 ソウル市ヨンサン(龍山)区ペクポムロ87ギル48-1
    




icon トゥファダン(豆花堂)

熱情島_3_1

  トゥファダン(豆花堂)は1920年代に建てられた日本式家屋にオープンしました。映画「密偵」や「お嬢さん」を思い起こす開化期のコンセプトでインテリアが作り上げられています。スイスで大学を卒業後、イギリス、オーストラリア、カナダ、シンガポール、中国、日本など10ヶ国以上の国で暮らしてきた社長キム・ソンイ氏は、韓国で大豆を材料とした料理が豆乳素麺、豆ご飯、煮豆程度なのを残念に思い、「豆の花」といわれる豆乳デザートサロンをオープンさせしました。毎日絞った豆乳で作るアイスクリームとプディングは、韓国的な豆乳と西洋のデザートが出会い、乳糖不耐症の方も心配することなくすっきりとした味わいを楽しめるのが自慢です。韓国の開化期の西洋テイストのコンセプトでインテリアをまとめ、店のインテリアとして使われている螺鈿細工が施された額や膳用品は、捨てられていたものをリサイクルしたものだと言います。


熱情島_3_2

 
おすすめメニュー 手作り豆乳ソフトアイスクリーム 3,500ウォン、オリジナル豆乳プティング 3,000ウォン / 利用時間 11:00~22:30 日曜日休み / 住所 ソウル市ヨンサン(龍山)区ペクポムロ87ギル27
    




icon BACKROOM

熱情島_4_1

  木製看板に従って階段を下り、写真ギャラリーを過ぎたところで扉を開けると、300kgに及ぶ重厚な原木が存在感を放つウイスキーバーがあります。交通費のみでスタジオで働いていた社長キム・キジョン氏は生活のため、昼は写真を撮り、夜はバーテンダーとして7年間生活しながらお酒の魅力にはまり、バーをオープンするにことになりました。好きなことをひとつふたつとし始めたら、彼のバーのある通りにカフェ、バー、企画会社、ゲストハウスまで運営するようになりました。各店舗では少しずつ売り上げがあり、合わせるとサラリーマンの月給程度にはなりますが、やりたいことを仕事としてしているので楽しいとのこと。バーとギャラリーを分ける門を移動させると公演会場に変わるここでは、ハードディスクに眠っている映画を上映する「ハードディスク映画祭」、イベント「刺身&ウイスキー」、韓国国楽公演など面白いイベントが企画されています。


熱情島_4_2

 
おすすめメニュー フェアリーピッタ 20,000ウォン / 利用時間 19:00~翌2:00 日曜日休み / 住所 ソウル市ヨンサン(龍山)区ペクポムロ87ギル54
 




logo
<デザインハウス単身世帯メディア1集>


 

[2017-03-30 10:29  作成 / 2017-03-30 00:00  修正]