ページあたりのコンテンツの内容を開始

歩いて出かけるソウルの春_main_1


 

  

편의점 코스요리에 주목하자!

歩いて出かけるソウルの春

   



  オープンを間近に控えた「ソウルロ7017」とともに楽しめるウォーキングツアーの新コースと好奇心をそそる異色博物館で5月を満喫できる特別なソウルのお出かけをご提案します。

 



ウォーキングツアー:ソウルロ7017コース


歩いて出かけるソウルの春_main_2-1


  以前は車が走っていたソウル駅の高架道路が5月20日、「ソウルロ7017」として再び生まれ変わり、人々が行き交いできる通りとなりました。1970年に竣工された車両通りが2017年、人々の通りとして変わったという意味で名付けられ、ナムデムン(南大門)市場とミョンドン(明洞)・ナムサン(南山)などソウル駅一帯がつながりました。歩行者通りだけでなく文化を共有できる「ソウルロ7017」とともにできるウォーキングツアーコースも新設され、5月20日のオープンに合わせ、3コースをご紹介します。

コース1. ハニャン(漢陽)からソウルへ 
- 城郭都市ハニャン(漢陽)から1,000万人都市ソウルまで、600年の時間旅行
「ソウルロ7017」を歩けば、朝鮮王朝時代からソウルへと生まれ変わるソウルの変化を感じられるコースです。ハニャン(漢陽)の関門であったスンニェムン(崇礼門)とハニャン(漢陽)都城に沿って歩けば600年間のソウルの変化を観ることが出来ます。

コース:文化駅ソウル284 – ソウルロ7017 – セブランス病院 - スンニェムン(崇礼門) - ソウルハニャン(漢陽)都城 - ペクポム(白凡)広場 - アン・ジュングン(安重根)義士記念館 – サムスン階段 – フェヒョン(会賢)シボムアパート – ナムサン(南山)陸橋

* ウォーキングツアー「ソウルロ7017:ハニャン(漢陽)からソウルへ」の予約はこちら

歩いて出かけるソウルの春_main__2-2

コース2. ソウルロ近・現代建築紀行 
- 開化期以降のソウル近・現代の歴史とともに歩く旅行
「ソウルロ7017」を中心とした都市に隠れている開化期の跡を探し旅立つ旅行です。ソウル駅からチュンジョンロ(忠正路)までソウルの開化期に建てられた建築物を見ながら都市の変化を感じ、隠れた物語を発見することができます。

コース:文化駅ソウル284 – ソウルロ7017 – ソン・キジョン(孫基禎)記念館 - カトリック・ヤキョン(薬峴)教会 – 聖ヨセフアパート - チュンジョンガク(忠正閣)
 

* ウォーキングツアー「ソウルロ7017:ソウルロの近現代建築紀行」の予約はこちら

歩いて出かけるソウルの春_main_3


コース3. ソウルロ旅行 
- ソウルの夜景と共に旅立つソウル駅の歴史物語
ソウルの夜景と共にソウルロを歩くコース。90年間都市を守ってきたソウル駅の物語を聞きながらソウルロを歩いて、ハニャン(漢陽)都城に沿って歩くソウルのまたは違った夜景に出会えることができるでしょう。

コース:ソウル駅15番出口 – ソウルロ7017 – ナムデムン(南大門)教会 – ハニャン(漢陽)都城 – ペクボム(白凡)広場 - スンニェムン(崇礼門)

* ウォーキングツアー「ソウルロ7017:ソウルロ夜行」の予約はこちら
 

Tip

- 「ソウルロ7017」が含まれたコースの他に、チョンゲチョン(清渓川)、プクチョン・ハノクマウル(北村韓屋村)、チャンドックン(昌徳宮)、チャンギョングン(昌慶宮)、インサドン(仁寺洞)、ソチョン(西村)、伝統市場など多様なウォーキングツアーコースがあります。
ウォーキングツアー予約ウェブサイトはこちら
- 5月20日オープン「ソウルロ7017」ウェブサイトはこちら(韓国語・英語・中国語)


 

異色博物館


歩いて出かけるソウルの春_main_4


  厳粛な雰囲気の中で、メモを取りながら、勉強をするだけが博物館ではありません。楽しくて個性あふれる、独特な要素があふれる博物館と韓国、ソウルにしかないテーマの博物館など、異色博物館をご紹介します。

  国立ハングル博物館はハングルだけをテーマにした差別化された博物館。ハングルは570年を超える歴史を持つ文字で、ハングルの創製理由と過程、原理などを歴史と価値を知ることができます。1階では図書館、2階には常設展示室とハングルアイテムショップ、カフェ、3階には企画展示室と子供のためのハングル遊び場、外国人のためのハングル学び場などで構成され、展示と体験、学ぶ機会まで提供されています。


歩いて出かけるソウルの春_main_5


  観光客が多く訪れる、インサドン(仁寺洞)十字路から少し歩くと、韓屋の外観を持つ「アルムダウン茶博物館」では韓国の品質の良い茶が味わえます。室内の中央にはテーブルと卓子が置かれたカフェ空間が広がっており、部屋の隅には伝統茶器と茶葉、磁器の現代茶器作品が展示されています。伝統茶を始め、ノクチャピンス(緑茶カキ氷)、タンパッチュク(小豆粥)、カレトックイ(餅の石焼き)など静かで穏やかな雰囲気で味わうことができます。


歩いて出かけるソウルの春_main_6

 
  「うんち」は人間の生理現象として馴染み深い対象ですが、それだけをテーマにしたスポットに立ち寄るのは少し恥ずかしいかもしれません。インサドン(仁寺洞)「Poopoo Land」では少し気まずいテーマである「うんち」を気軽に楽しめるようにしました。比較的小規模の空間に「うんち」と関連したフォトゾーン、障害物競走、垂直すべり台、願掛けおまる、記念品コーナーなど充実しています。体験後に疲れたら、近くの「うんち」ホトク(ホットク)と「うんち」パンがおすすめ。   

 

Tip

国立ハングル博物館
住  所:ソウル市ヨンサン(龍山)区ソビンコロ139
アクセス:地下鉄4号線/キョンイ・チュンアン(京義中央)線「イチョン」駅2番出口
利用時間:9:00~18:00 / 土曜日 9:00~21:00 / 毎月最終水曜日 9:00~21:00
定 休 日:1月1日、旧正月及び秋夕(旧暦8月15日)当日休み
電話番号:+82-2-2124-6200
ウェブサイトはこちら

アルムダウン茶博物館
住  所:ソウル市チョンノ(鐘路)区インサドンギル19-11
アクセス: 地下鉄1号線/3号線/5号線「チョンノサムガ」駅5番出口
利用時間:10:00~22:00
電話番号:+82-2-735-6678
ウェブサイトはこちら (韓国語)

Poopoo Land
住  所:ソウル市チョンノ(鐘路)区インサドンギル44 サムジギル別館2階
アクセス:地下鉄3号線「アングク」駅6番出口
利用時間:11:00~20:00 (入場は19:00まで)
定 休 日:旧正月及び秋夕(旧暦8月15日)当日休み
電話番号:+82-2-2034-0601

[2017-04-27 14:27  作成 / 2017-04-27 00:00  修正]