おすすめ旅行コース

異色トッポッキ

ソウルを楽しむ おすすめ旅行コース

韓国の国民的おやつ
 

韓国の国民的おやつ

異色トッポッキ

 

韓国の国民的おやつ_icon

 

  韓国人の国民的おやつを代表するトッポッキを食べると1回の食事になるほど満足できます。昔、宮中で作られていた餅炒めがそのトッポッキの始まりと言われています。最近のトッポッキは油で揚げるように炒めたり、オジンオティギム(イカの天ぷら)などをトッピングしたり、肉と30cmの長い餅を入れてチゲのように食べたりなど、多様なスタイルで進化してきました。この秋に是非楽しんで欲しいトッポッキ御三家を紹介します。

韓国の国民的おやつ


titie_icon_1
揚げるように炒めてヤンニョム(味付け)で和えたキルムトッポッキ

title_icon_2
 

  トンイン(通仁)市場で有名なキルム(キルム:韓国語で「油」という意味)トッポッキ屋さんではコチュジャン、カンジャン(醤油)トッポッキが売られています。ここでサイドメニューとしてモドゥンチョン(チヂミの盛り合わせ)をオーダーしても。コチュジャンおよびカンジャン(醤油)トッポッキは1人前各3,000ウォン。

  トンイン(通仁)市場では小判でおかずを交換するお弁当カフェが運営されており、現金5,000ウォンでお弁当のおかずを入れるトレイと小判10枚をもらえます。市場を歩いて食べたいものを小判と交換して自分だけのお弁当を作ってコスパの高い一食を楽しむことができます。


韓国の国民的おやつ

 

トンイン(通仁)市場キルムトッポッキ

icon_map  ソウル市チョンノグ(鐘路区)チャハムンロ15ギル18
icon_phone  +82-2-722-0911
icon_time  7:00~21:00(店舗により異なる)


icon_tip

韓国の国民的おやつ

ソチョン(西村)で楽しむデザート

  ソチョン(西村)ではバラエティに富むデザートに出会える。伝統フランス式デザートが味わえる場所や感性マガジン「KINFOLK」などを出刊する出版社が運営している韓屋カフェ、抗生物質を使わない卵とバターそして牛乳を使用して作るエッグタルが逸品のカフェがある。

 
astarte & relax

ダコワーズ、エクレア、タルト、ケーキなど様々な種類のデザートが味わえる場所

icon_map  ソウル市チョンノグ(鐘路区) チャハムンロ7ギル69-3
icon_phone  +82-2-723-3112
icon_time  12:00~22:00


ベアカフェ

韓屋が持つ固有の粋の中、感性が込められた場所

icon_map  ソウル市チョンノグ(鐘路区)チャハムンロ24ギル24
icon_phone  +82-70-7775-6743
icon_time  水曜日~日曜日12:00~19:00(月・火休み)


Tongin Sweet

行列のできる噂のエッグタルトの美味しい店

icon_map  ソウル市チョンノグ(鐘路区)チャハムロ7ギル50
icon_phone  +82-2-6085-3777
icon_time  火曜日~日曜日11:00~21:00(月休み)

grey_line


韓国の国民的おやつ

title_icon_1
トッピングして食べるトッポッキ

title_icon_2
 

  直火トッポッキとスープのない乾式直火トッポッキが味わえます。おすすめメニューはオジンオティギム(イカの天ぷら)をトッピングしたトッポッキです。その他にも、サムギョプサル、セウティギム(海老の天ぷら)、ポパルロウィン(バッファローウィング)などのトッピングがありますが、その中でもポパルロウィン(バッファローウィング)トッポッキは中国からの観光客の間で最も人気が高いそう。ソウルインサドン(仁寺洞)、ホンデイック(弘大入口)、テハクロ(大学路)などに支店があり、その他にも中国と台湾に進出済み。オーダーする時は、辛さのレベルも同時に指定して。辛いのが苦手な人はレベル“0”で注文しましょう。


韓国の国民的おやつ

 

アンクルス ロッテワールド店

icon_map  ソウル市ソンパグ(松坡区)オリンピックロ240 ロッテワールド
icon_phone  +82-2-2143-1257
icon_time  月~金曜日 11:30~22:30 (L.O.21:00)/ 土曜日・日曜日11:30~22:30 (L.O.21:30)


icon_tip

韓国の国民的おやつ

見どころであふれるチャムシル(蚕室)のカフェ

  チャムシル(蚕室)ではロッテワールドをはじめ第2ロッテワールドタワーオリンピック公園など見どころがいっぱいだ。オリンピック公園美術館に位置するカフェでは食事の代わりとして頼れる健康ジュースとサンドイッチ、ソクチョン(石村)湖一帯を眺められるカフェ通りでエキゾチックな雰囲気が満喫できる世界のデザートが味わえる。

 
チャムシル(蚕室)一帯で楽しむ余裕

eat

多彩なカラーの健康ジュースが楽しめるカフェ

icon_map  ソウル市ソンパグ(松坡区)オリンピックロ424 オリンピック公園
icon_phone  +82-2-423-5156
icon_time  火曜日~日曜日10:00~18:00(月休み)


U:DALLY

シーズンごとにデザインが変わるボトルで、集めても楽しい~

icon_map  ソウル市ソンパグ(松坡区)ぺクチェコブンロ41ギル43-7
icon_phone  +82-2-3431-3737
icon_time  11:00~23:00


Prêt a goûter

世界各国のデザートメニューで季節の味が楽しめる

icon_map  ソウル市ソンパグ(松坡区)ぺクチェコブンロ41ギル42-8
icon_phone  +82-70-7724-3107
icon_time  火曜日~日曜日10:00~22:00(月休み)

grey_line


韓国の国民的おやつ

title_icon_1
30cmの長いお餅で有名なトッポッキ

title_icon_2
 

  特製の30cmにも及ぶ長いお餅が特徴。特に肉で煮出した濃い味スープがチャドル(牛のともばら肉)トッポッキで有名なお店。チャドル(牛のともばら肉)トッポッキが有名になり、TVの人気番組にも何回か紹介されました。オーダーの仕方は発券機の画面からメニューを選んで支払えば注文が入ります。外国語メニューも用意されているので、簡単にオーダーができるでしょう。また荷物がある時はロッカーに預けることができるので荷物を気にすることなくトッポッキを楽しむことができます。Pubのようにインテリアの暗い照明と人気歌謡曲が流れる空間でビール一杯飲むのにいいでしょう。価格帯はチャドル(牛のともばら肉)トッポッキとオジンオティギム(イカの天ぷら)トッポッキは各12,000ウォン(2人前)、チャドルとイカを半分ずつ楽しめるソッコトッポッキは24,000ウォン(3~4人前)。特にトッポッキを食べた後、残ったソースにご飯を混ぜてチーズをトッピングしたポクンバプ(チャーハン)も人気が高い模様。お店はシンチョン(新村)の他にもソンルン(宣陵)、キルドン(吉洞)店などがあります。


韓国の国民的おやつ

 

モボムトッポッキ1976 シンチョン(新村)直営店

icon_map  ソウル市ソデムング(西大門区)ヨンセロ7ギル46
icon_phone  +82-2-565-1976
icon_time  月曜日~土曜日11:00~12:30/日曜日11:30~22:30(準備時間:毎日15:00~16:00)


icon_tip

若者の通りシンチョン(新村)前カフェ

  ヨンセ(延世)大学校前シンチョン(新村)通りにはくつろげるカフェが多い。シンチョン(新村)で一番古いコーヒー豆専門店から70~80年代の青春のアジトだったカフェ、若年層の間でクチコミで広まったイチゴラテで有名なカフェなどだ。

 
大学街の情緒が感じられるカフェ

トクスリ(ハゲワシ)喫茶店

1970~1980年代のヨンデ(延大)生たちのアジトだった喫茶店

icon_map  ソウル市ソデムング(西大門区)ヨンセロ36 トクスリビル8階
icon_phone  +82-2-363-1222
icon_time  月曜日~金曜日10:00~24:00/土曜日9:00~24:00/日曜日11:00~23:00(旧正月及び秋夕(旧暦8月15日)は休み)


ミネルバ

静かに流れるクラシック音楽を聴きながら休める場所

icon_map  ソウル市ソデムング(西大門区)ミョンムルギル18
icon_phone  +82-2-3147-1327
icon_time  月~金曜日11:00~22:30/土曜日11:00~22:30/日曜日12:00~22:00(第1週日曜日休み)


A to Z

ヴィンテージアンティーク風のインテリアとイチゴラテで有名な場所

icon_map  ソウル市ソデムング(西大門区)ヨンセロ4ギル30
icon_phone  +82-2-2-313-7523
icon_time  11:30~翌2:00

grey_line