おすすめ旅行コース

天ぷらの衣に思い出つまる:回基駅チヂミ通り

ソウルを楽しむ おすすめ旅行コース

回基駅チヂミ通り
 
「人生における最初の酒席」とは最も記憶に残る大学時代でしょう。人生についての鬱憤とため息の中に、きらびやかな青春を抱く時期の生き証人がまさにフェギ駅チヂミ通りです。
 

  1970年代、とある小屋でチヂミを売っていたのがチヂミ通りの始まりでした。以後、チヂミ店が増え続け現在のようになりました。40年経った元祖チヂミ店を含む、10店舗を超えるチヂミ店が集まっています。

  チヂミ通りがあるフィギョンドン(徽慶洞)近辺には大学が多く、ソウル市立大とキョンヒ(慶煕)大、韓国外大、サムユク(三育)大が徒歩10分以内の距離にあります。またコリョ(高麗)大学(2㎞)、韓国芸術総合学校(1.5㎞)も近いということを考えると、なんと6ヵ所の大学に囲まれているわけです。そのような環境から最も多くのお客さんは、やはり20代の若い層と言えます。
 
 この場所に大学街の雰囲気が出始めたのは1980年のことで、1号線のフェギ駅が開通した頃になります。自然と近くの学校に通学する大学生が住み始め、彼らの憩いの場やアジトとなりました。お店も学生の懐具合に合わせ、最も高価なおつまみであっても10,000ウォンを超えません。チヂミだけでなく、豚肉炒め、鶏肉の炒め煮 、豆腐キムチなども人気メニューです。


チヂミ通り案内板

 

  チヂミ店は学生たちとともに歳月を過ごしてきました。学生運動真っ最中だった7〜80年代、世の中の鬱憤と人生の悔恨の思いを吐露しマッコルリを飲んだ場所がまさにこのチヂミ通りでした。この場所にいる70%以上は20代の学生で、残りはここで青春を送った386世代でした。放浪していた時代、杯を傾け、油で焼いたチヂミの味がなかなか忘れられない。

  チヂミ通りのチヂミは独特です。別名「とんかつパジョン」と呼ばれ、分厚い衣の食感が特徴で、まるでピンデトクを連想させるこのチヂミは食事をせずに食べても満足するほど。


①チヂミメニューはすべて、10,000ウォンを超えない。
②壁にぎっしりと書かれた学生の落書きで大学生活の雰囲気を垣間見ることができる。

 
チヂミの由来

  チヂミは壬辰倭乱(文禄の役:1592年~1593年)の東莱城の戦い(文禄の役における初期の戦闘)に由来した。指揮官であるソン・サンヒョン(宋象賢)と兵は数万の日本軍に対抗し籠城を試みたが、武器が尽き、日本軍が迫ってくるまで抵抗した。ソン・サンヒョン(宋象賢)と兵のほとんどが戦闘で息絶えたが、後に東莱の人々は彼らの精神を称えるためにネギのチヂミを波を王に献上した。

 

チヂミにマッコルリ、カクトゥギ が一皿あれば肉料理はもはや羨ましくはない。

 
Tip
地下鉄: 1号線フェギ駅1番出口
バス: 120・147・201・261
トンデムン(東大門)区庁:http://japanese.ddm.go.kr/jpn/
お問い合わせ:+82-2-2127-4708

회기역 파전골목_지도_일문
 
こちらもいっしょに
ホンルン(洪陵)樹木園
韓国で一番最初に造られた樹木園。1922年、ミョンソン(明成)皇后の陵を移した跡地に林業試験場を開設したのをきっかけに造園された。 保有種のみ1,200余種に達し、20万本以上が育てられている。森林に関するさまざまな情報が探せる森林科学館もある。

クァンジャン(広蔵)市場
1905年ハンソン(漢城)府に登録された公式の伝統市場の第1号。洋装、カーテン生地などの卸小売店で有名だが最近では、麻薬のり巻き、チヂミなどの特色ある食べ物でより有名となった。