おすすめ旅行コース

冷えた体を暖める:三角地たらスープ通り

ソウルを楽しむ おすすめ旅行コース

冷えた体を暖める:三角地たらスープ通り_1

 

 

冷えた体を暖める:

三角地たらスープ通り

 

美味しいグルメには特に宣伝する必要がないと言えます。その味に惚れ込んだ人々があちこちで噂して歩き回るから。ソウル龍山区にあるサムガクチ(三角地)地域の近くにあるテグタン(たらスープ)通りがそのようして口コミで広がったスポットと言えるかもしれません。テグタン(たらスープ)のピリ辛味に感動した軍人が全国津々浦々に、この通りを噂して回ったのでしょう。

 

サムガクチ(三角地)たらスープ通りは1979年から形成されていきました。最初にしたテグタン(たらスープ)店が根を下ろしてから数年、新しい風が吹き始めました。味も味ですが、この通りがより有名になったのはまさに軍人が理由と言えます。かつては現戦争記念館の場所にアメリカ陸軍本部がありました。自然と兵士たちが集まり、これら転出、派遣などの移動に乗って彼らの口コミが全国区のグルメ通りとして浮上しました。ここは何の情報なしに来たなら多分がっかりして帰るかもしれません。たらスープ通りと大きく書かれているわけでもなく関連情報も多くはありません。しかし、すべてのたらスープのお店が多くの常連さんを持っているほど、その味を認められているのです。夕方の時間であれば、常に人々で大賑わいになります。

 

この通りのタラはとりわけ身が多く、特別スープを入れなくても、タラ自体で深い味わいがスープに染み出ています。古いお店ほどメニューも少ない。テグタン(たらスープ)とテグ・ジリ(たらちり)、テグ・ネジャンタン(たらの内臓スープ)の3つほどがあるのみ。出てくるおかずもだいたい似ており、エラの塩辛とキムチなどです。エラの塩辛はご飯泥棒と呼ばれる位、美味しいのでしょう。ボリュームたっぷりにタラの身とコニ(しらこ)と卵、セリと熱いスープでお腹を満たせば残ったスープでしめのチャーハンを作ります。

 

三角地たらスープ通り_たらスープ_1 多くのテグタン(たらスープ)のお店では紹介された放送局の名前が。

 

たらは代表的な低カロリー、高タンパク食品で、100グラムあたりのカロリーが80キロカロリーだが、タンパク質含有量は、17グラムにもなり、「タンパク質の宝庫」と呼ばれる鶏の胸肉(100グラムあたりのたんぱく質量16グラム)よりも多いのです。アミノ酸のタウリンが豊富で疲労回復と視力回復、肝機能保護にもいいと言います。また、たらの肝には脂肪とビタミンAが豊富に含まれており、肝油の原料として使用されています。あまりにも有名なグルメたちで夕方181~9時になると、ほとんどの店に席がなくなっているから驚きです。それでも2、30分はあきらめず待とう。

 

冬はたらが滋養食
テグタン(たらスープ)は冬に食べればその醍醐味を味わえる。朝鮮王朝時代の名医ホジュン(許浚:1939年~1615年)は東医宝鑑を通して「たらは元気を補い、冬はその内蔵と油の味が一層良い」と説明した。たらの産卵期は12月から2月までで味が一番いいとされる。

 

三角地たらスープ通り_たらスープ_2 ① 身の詰まったテグタン(たらスープ)
② おかずとして出てくるエラの塩辛も逸品だ。
③ たらスープ通り通りの店は常連客が多い。

 

Tip

地下鉄 : 4・6号線サムガクチ駅14番出口
バス : マウルバス[ヨンサン(용산)]03, 100, 150, 151, 502
ヨンサン(龍山)区庁 : http://japan.yongsan.go.kr/site/jn/index.jsp
お問い合わせ : +82-2-219-6114

 

戦争記念館 www.warmemo.or.kr/newwm/jpn/main.jsp
護国資料の収集、護国精神養成などを目的として、1994年に開館された記念館。延べ坪2万5千坪に地下2階、地上4階建て規模で、16万人に達する戦死者名簿が捧げられている。

国立中央博物館 www.museum.go.kr/site/main/home
文化体育観光部傘下の国立博物館で30万余点を所蔵している。韓国最大規模の博物館で古代館、寄贈館、書画館、アジア館など6つの常設展示館で構成されている。