おすすめ旅行コース

ソウル自転車に乗って巡るソウルツアー

ソウルを楽しむ おすすめ旅行コース

ソウル自転車
 

ソウル市のレンタル自転車で自由自在に走ろう!

ソウル自転車に乗って巡るソウルツアー

 

ソウル自転車
green_line

  ソウル市公共自転車は誰でも、いつでも、どこでも簡単で便利に利用できる自転車無人レンタルシステムです。現在ソウルの5つの拠点(ヨイド(汝矣島)、サンアム(上岩)、シンチョン(新村)、4大門、ソンス(聖水))を中心に150ヵ所を拠点に2,000台の公共自転車が設置され、今後も貸出拠点を拡張する予定です。便利な移動手段として注目されているソウル自転車に乗って走れるソウルの代表的なコースをご紹介します。


「ソウル自転車」利用方法
 

1. 「ソウル自転車」ウェブサイト(https://www.bikeseoul.com/#)にアクセスする。
2. メニューから言語を選択。(韓国語、英語、中国語、日本語)
3. ウェブサイト右上にあるメニューから「会員登録」をクリックする。
4. IDとパスワードおよび貸出の際に必要な4桁の数字の貸出パスワードを生成する。
5. ログイン後、所持しているT-Money*やM-Pass*のカード番号16桁を入力して登録手続き完了。
6. ウェブサイトのメニューから「利用券を購入」をクリックする。
7. 1日券または定期券(7日券)のいずれかを選択する。
8. 海外で支払い可能なクレジットカードで支払いする。
9. ソウル自転車貸出拠点で借りたい自転車端末にウェブサイトで登録したT-MoneyやM-Passカードを端末にかざし、貸出パスワードを入力する。

* T-Money:バスと地下鉄を利用する際に交通料金を精算できるプリペイド型交通カード。全国互換A型でのみソウル自転車のレンタルが利用可能。購入前に必ず確認すること。
*M-Pass:外国人専用の公共交通機関の交通カード


留意事項

· 「ソウル自転車」は満15歳以上なら誰でも利用することができ、24時間年中無休で運営されています。
· 1日券は、1,000ウォン、定期券(7日券)は3,000ウォン。1日券支払い後は24時間利用可能ですが、基本レンタル時間が60分に指定されており、60分超過30分ごとに1,000ウォンずつ追加料金が発生します。基本レンタル時間(60分)内に返却することを繰り返すと、追加料金なしで連続的に自転車を利用することができます。
· レンタルする際、デポジットとして50,000ウォンと利用料金が差し引かれます。ソウル自転車を返却後、24時間以内にデポジットは再び払戻を受けることができます。ただし、カード会社によっては払戻の所要時間に差がある場合があります。1日券支払い後24時間以内にソウル自転車が貸出されない場合は、自動的にキャンセルされます。



ソウル自転車

title_icon_1
伝統と現代が調和するソウルの都心を走る4大門コース

title_icon_2

 

  チャンドックン(昌徳宮) - 国立現代美術館ソウル館キョンボックン(景福宮)セジョン(世宗)文化会館トクスグン(徳寿宮)の石垣道 - スンニェムン(崇礼門)につながる4大門コースでは、伝統と現代が調和する風景に出会えます。朝鮮王朝時代の昔の情緒が感じられる宮廷から韓国美術の最新の傾向を探索できる美術館まで、広範な経験が可能になります。特にソウルの4大門の中には「ソウル自転車」レンタル拠点が500メートルごとに設置されているので、ソウル自転車を一度返却して再びレンタルしやすくなっています。チャンドックン(昌徳宮)、国立現代美術館、キョンボックン(景福宮)など各スポットへの移動時には、ソウル自転車を利用して観光スポット周辺に設けられている貸出拠点に返却した後、余裕をもって宮廷や美術館観覧をすることができます。


tip_icon

ソウル自転車
 
無料で楽しめる文化生活「文化のある日」

  毎月最終週の水曜日は、多くの市民が文化に接することができるよう国が指定した「文化のある日」です。この日は、チャンギョングン(昌慶宮)、キョンボックン(景福宮)、チョンミョ(宗廟)などの施設を無料で観覧することができます。また、国立民俗博物館、国立現代美術館ソウル館は入場料無料はもちろん、夜9時まで夜間開場を実施しているので、この期間にソウルへ訪れるなら無料で楽しめるこの機会をお見逃しなく。

 

「文化にある日」についてより詳しく:http://www.culture.go.kr/wday/ (韓国語)

 

grey_line


ソウル自転車

title_line_1
都心の中の休養地、ヨイド(汝矣島)ハンガン(漢江)コース

title_line_2

 

  金融と証券会社が密集し、63ビル、ツインタワーなどの高層ビル街で有名なヨイド(汝矣島)。その高層ビル群の間に位置するヨイド(汝矣島)公園は喧騒から抜け出して休息を取れる市民のための空間と言えるでしょう。特に自転車専用道路と歩道とが分離され、緑を楽しみながら都心の中の余裕を満喫することができます。ソウル自転車に乗って公園を走るのもおすすめですし、自転車をロック装置で置いたまま、各テーマ別の緑地公園を散策するのもおすすめです。ヨイド(汝矣島)公園から自転車で9分程度の距離には家族、恋人、子供たちと一緒に楽しめるヨイド(汝矣島)ハンガン(漢江)公園があります。手頃な価格で水遊びができるハンガン(漢江)プールと水族館やグルメ、免税店ショッピングまで楽しめる63ビルが位置しており、ここで真夏の暑さを吹き飛ばしましょう。


tip_icon
ソウル市民のように楽しむコンビニおやつ

  ソウル自転車に乗って、お腹がすいた時はハンガン(漢江)公園の広い芝生に座ってコンビニメニューを楽しんでみよう。ラーメンと焼き鳥、ホットドッグと冷たい缶ビールはソウル市民が楽しむ代表的おやつです。特に最近では、ハンガン(漢江)公園のコンビニでしか味わうことができない煮込みラーメンが人気。四角いアルミ容器にラーメンを入れて、専用の機械の上に乗せておけばグツグツと沸騰し始めます。そこへ生卵を入れて煮込めば美味しいラーメンの出来上がり!

grey_line


ソウル自転車

title_icon_1
都心のエコロジカル公園ツアー、サンアムドン(上岩洞)コース

title_icon_2

 

  サンアムドン(上岩洞)ワールドカップ競技場の周辺には、平和の公園、空公園、ノウル(夕焼け)公園など市民が余暇を楽しむことができるように整備された公園が多くあります。その中でも平和の公園は、自転車に乗って散歩できる公園として知られています。ここの魅力は、緑豊かな森と柔らかい砂利道、ライディングのすべを体験できるという点です。平和の公園は、空公園へと接続しており、空公園入口の左側の道は空公園の頂上につながっています。頂上には広い平地が広がっており、楽しくライディングを楽しめるでしょう。下り道は秀麗な景観を誇るメタセコイアの森の道があるので、都心の中の森林浴を楽しむことができます。

ソウル自転車


tip_icon

ソウル自転車

韓国放送局初! MBC WORLD 放送テーマパーク

  サンアムドン(上岩洞)には環境にやさしい公園だけでなく、MBC、Mnetなど韓国有数の放送局が密集地として有名です。特に、昨年できたMBC WORLDは韓国の放送局初の放送テーマパークで、様々な韓流コンテンツを体験することができます。ビッグバン、2NE1、PsyなどK-POP歌手のホログラム公演とMBC音楽プログラムを背景に公演を観覧できる芸能体験、「コーヒープリンス1号店」、「大長今」、「無限挑戦」などMBC代表プログラムの主人公になりきり、スターたちと写真撮影ができるフォトゾーンがあります。

 

map_icon  ソウル市マポグ(麻浦区)サンアムロ267 (上岩洞)
tel_icon  +82-2-789-3705
time_icon  10:00~18:00 (年中無休/旧正月、秋夕(旧暦8月15日)除く)

 

* 1日11回(10:00/10:30/11:00/11:30/12:30/14:00/14:30/15:00/15:30/16:00)のツアー運営(ツアーは90分所要)
* 運営終了時間2時間前(16:00)まで入場可能
* 入場料:大人 18,000ウォン、青少年13,000ウォン、子供 9,000ウォン

grey_line