観光スポット

ピマッコル

ソウルを楽しむ 観光スポット

基本情報

ピマッコルはチョンノ(鍾路)区の鍾路1街から6街まで続くグルメ通りです。朝鮮王朝時代において下級官僚や庶民たちは大通りを身分の高い高官や顕職たちが通る時は、敬意を示すために道の端へ伏せて通り過ぎるのを待たなければなりませんでした。その煩わしさから避けるために、大通りの両側にある細い路地裏を利用しました。この路地裏には居酒屋やジャン・グクパプ(内臓クッパ)の店が並び庶民に愛される場所となり、馬を避ける通りとしてピマッコル(避馬通り)と呼ばれました。