観光スポット

キョンヒグン(慶熙宮)

03177  ソウル市チョンノ(鐘路)区セムナンロ45  (新門路2街)

ソウルを楽しむ 観光スポット

基本情報

キョンヒグン(慶熙宮)は朝鮮王朝15代国王であるクァンヘグン(光海君)が建築を進め、1623年に完成しました。当時のキョンヒグン(慶熙宮)には卓越した建物が多く見られ、創建以降は約280年間、10代に渡る歴代の国王達が離宮として愛用していました。しかし、数々の受難に見舞われ、19世紀にキョンボックン(景福宮)が改築された際には、キョンヒグン(慶熙宮)にあった多くの建物が景福宮へと移築されました。また日本統治時代の1910年にはキョンソン(京城)中学校の建設が進められ、それまで残っていた重要な史蹟なども大部分を撤去、面積も半分ほどに縮小されました。その後、1987年からソウル市によるキョンヒグン(慶熙宮)復元事業で主要な殿閣を復元。2002年からは一般公開されています。ソウル歴史博物館、ソウル市立美術館キョンヒグン(慶熙宮)分館などが隣接しており、見どころも満載です。 

交通案内

See map

로딩바
버스도착정보 안내
버스 번호 도착 정보
住所
03177  ソウル市チョンノ(鐘路)区セムナンロ45  (新門路2街)
地下鉄
地下鉄5号線「ソデムン」駅4番出口から徒歩10分
地下鉄3号線「キョンボックン」駅7番出口から徒歩10分
地下鉄5号線「クァンファムン」駅1番出口から徒歩10分

トリップアドバイザー レビュー数

旅行者ランキング評点:4.0 (115件の旅行者レビューに基づく)

全 慶熙宮件のレビューのうち最新レビュー5件

  • のんびりできる唯一の宮殿
    今回はこの宮殿にでかけました。観光客は景福宮、昌徳宮、徳樹庵に行くため市内の中心部にありながら、ものすごく空いています。入場無料で日本語のパンフレットもあります。日本の植民地時代に多くの建物が取り壊され、面積も半分に縮小されていると聞くと、日本人としてはショックです。現在は発掘を経て3つの殿閣が復元されています。とにかくのんびりできます。そして隣のソウル歴史博物館もぜひ観覧してみてください。ソウル...
    評点:2 yyy333yyyjp2018-06-27
  • 王宮めぐり
    王宮めぐりチケットを買ったので、すべて制覇しようと思って行きましたが、もともと入場無無料でした。 ちょっと離れているのでアクセスは良いと言えないかもしれないけど、ソウル歴史博物館と併せて行くのにちょうどいい立地。 私は散策がてら光化門広場あたりから歩いていきました。 敷地内は広くないので、1時間もあれば見て回れるかな。 人が少なくて、落ち着いて見て回れて、紅葉の時期に、とても良い時間を過ごしました...
    評点:3 triptravel0072018-06-22
  • 五大宮の中ではマイナーですが…
    この古宮は入場無料で見学できます。時代劇のロケ地にもなっているので韓国ドラマを見ている人は「見たことある景色」に出会えると思います。 奥にある巨石はこの場所に慶煕宮が建てられる元となった巨石なので見落とさないように。建物は再建されたものなので歴史はあまり感じられません。
    評点:3 euph012018-06-09
  • 復元された5大王宮のひとつです。
    5大古宮の中で、最も西側に位置する慶熙宮。朝鮮時代後期、東殿と呼ばれた昌徳宮、昌慶宮に対し西殿と呼ばれ、王室の離宮として使用されました。火災や日本の植民地支配など数々の受難に遭ってきた慶熙宮がかつての姿を取り戻したのは、2000年代に入ってからということです。 入場は無料で、入り口では見事な興化門が迎えてくれます。なかなか圧巻です。 玉座のある部屋の天井を見ると見事な龍が掘られています。とても...
    評点:4 gbcafe20152018-05-15
  • 復元された宮殿
    ソウル歴史博物館に行く途中で合わせて寄りました。以前は何も無かった所に復元されていたので非常に新しく感じました。創建が光海君で正門は伊藤博文の寺に使われていたのなら韓国の人にとっては縁起が良いとは思えなかったですね。
    評点:3 iriishin2018-03-22
  • レビューをもっと見る